このページの本文へ

電子書籍利用、男性はタブレット・女性はスマホ…MMD研究所

文●通販通信

2016年03月14日 01時23分更新

記事提供:通販通信

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

グラフ MMD研究所が11日公表した「2016年電子書籍に関する利用実態調査」によると、電子書籍を最も利用するデバイスは、男性が「タブレット」、女性は「スマートフォン」が最多だった。

 同調査は、電子書籍を現在利用している20歳~59歳の男女442人を対象としたインターネット調査で、調査期間は2月29日~3月2日。

 電子書籍を現在利用している20歳以上の男女442人に、電子書籍を最も利用している端末を聞いたところ、最も多かった回答は男性が「タブレット」(36.8%)、女性が「スマートフォン」(42.8%)だった。

 次に、利用している電子書籍ストア、アプリを聞いたところ、男女ともに「Kindle、楽天kobo、iBooks」の順で上位にあがった。また、アプリは男性が「Reader Store」「honto」「eBookJapan」、女性は「LINE マンガ」「Renta!」「Yahoo!ブックストア」の順で上位となり、男女で利用する電子書籍ストア、アプリが異なることがわかった。

 電子書籍ストア、アプリで経験したことは、「期間限定の無料配信」(31.9%)、「無料で試し読みをした後に購入」(30.8%)、「期間限定の対象書籍を割引価格で購入」(26.2%)。電子書籍ストア、アプリを利用している理由は、「電子書籍の数が豊富だから」(48.0%)、「ポイントや割引など特典がお得だから」(35.1%)、「無料で読める書籍が豊富だから」(34.4%)だった。

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

WebProfessional 新着記事

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く