このページの本文へ

MSI「GeForce RTX 2060 AERO ITX 6G OC」

約175mmのショート基板採用GeForce RTX 2060がMSIから

2019年02月02日 22時17分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 MSIから、ショート基板採用のGeForce RTX 2060搭載ビデオカード「GeForce RTX 2060 AERO ITX 6G OC」が発売された。小型PCケースにも搭載できるコンパクトデザインが特徴だ。

ショート基板採用のGeForce RTX 2060搭載ビデオカード「GeForce RTX 2060 AERO ITX 6G OC」

 基板の長さが約175mmというショートサイズのGeForce RTX 2060搭載ビデオカード。VGAクーラーは2スロットのシングルファン仕様で、コンパクトサイズに収めた。

基板の長さが約175mmというショートサイズ。裏面にはしっかりバックプレートを備えている

 主なスペックはベースクロック1365MHz、ブーストクロック1710MHzのオーバークロック仕様。搭載メモリーはGDDR6 6GBで、出力インターフェースはHDMI2.0b×1、DisplayPort1.4×3、補助電源コネクターは8ピン。

 MSI独自ユーティリティー「アフターバーナー」を使用すれば、GPU動作クロックや負荷、温度のモニタリングはもちろん、動作クロック、電圧、ファン回転数のコントロールが可能だ。

 価格は5万2704円。パソコンショップアーク、ドスパラ秋葉原本店、パソコン工房 秋葉原 BUY MORE店、ツクモパソコン本店、ツクモDOS/Vパソコン館、TSUKUMO eX.で販売中だ。

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中