このページの本文へ

1月28日はデータやプライバシーの守秘と保護に関する意識の向上を喚起する記念日

Facebookがプライバシー設定の確認を促す通知実施

2019年01月29日 18時00分更新

文● 南木義隆

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 フェイスブック ジャパンは1月28日から、データプライバシーデーに合わせユーザーに「プライバシー設定の確認」の実行を促す通知を実施する。自分の投稿やプロフィール情報を見ることができる範囲の確認や、Facebookでログインしたアプリやウェイブサイトも確認できる。2週間にかけて全世界のユーザーのニュースフィード上で表示する。

 また、新たにビジネスでFacebookを利用する際の情報の保護についてのプライバシーとデータ使用に関するビジネスハブを発表。Facebook広告の原則やFacebookのプライバシーの原則、広告においてどのようにデータが使用されるのか、および企業がGDPRのような規制を理解するためのガイダンスを紹介している。

 データプライバシーデーは、2007年にEUにて提唱されたデータやプライバシーの守秘と保護に関する意識の向上を喚起する日。1月28日に設定され、公的機関や企業によりプライバシー教育論文の発表、 展示会などの記念行事が開催される。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン