このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

日本選抜が勝利!幕張メッセで開催したOverwatch大会は白熱必至

2019年01月27日 13時00分更新

文● ジサトラ ハッチ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 日本eスポーツ連合(JeSU)はアジアeスポーツ連盟(AESF)との共催で、1月26日(土)、27日(日)に千葉・幕張メッセのホール4にて「eSports 国際チャレンジカップ~日本選抜~」を開催。ちなみに今年は、アーケードゲームの祭典「ジャパンアミューズメントエキスポ2019(JAEPO2019)」と、ゲームファンとゲーム大会の祭典「闘会議2019」も同時に同施設にて開催している。

 本大会は、日本のトップeスポーツ選手とアジア各国で活躍するトップeスポーツ選手が4タイトルにて、賞金総額1500万円をかけて戦う。

 初日の26日の午前10時半からは、Blizzard Entertainmentの人気アクションシューティング「Overwatch(オーバーウォッチ)」にて、日本選抜チーム「JUPITER」と,アジア選抜チームであるタイの「Xavier Esports」が対戦。BO5(ベスオブファイブ)、3ゲーム先取にて争われた。

「Overwatch」のは、勝利チーム賞金300万円+副賞「サントリー 南アルプススパークリング レモン 100本」。敗者チーム賞金75万円
大会は5形式3本先取で対戦

 大会の冒頭では、日本eスポーツ連合 副会長の浜村弘一氏が登壇し、挨拶をなわれた。

右側から日本eスポーツ連合 副会長 浜村弘一氏、大会の解説を行なったプロチーム「Green Leaves」所属のgappo3氏、大会の実況はいろんなeスポーツ大会で実況を務める岸大河氏、MCを務めたテレビ東京アナウンサー田口尚平氏
日本選抜チーム「JUPITER」。右側からチーム―だーのCLAIRE選手、AmeKen選手、ta1yo選手、SamuraiD選手、rayu選手、Sabagod選手
アジア選抜チーム「Xavier Esports」。右側からTHITIKORN選手、Olivier選手、QueEn選手、Patiphan選手、thk選手、チームリーダーのTae選手
大会では、JeSU公認PCとして認定されたドスパラのゲーミングブランド「GALLERIA GAMEMASTER」のスリムモデルが使われていた

前へ 1 2 次へ

関連サイト
ラインナップ
コンテンツ