このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

フェンダー新Bluetoothスピーカーはおしゃれで選んでも損はない

2019年01月26日 15時00分更新

文● 四本淑三

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
INDIO。カラーバリエーションはBLACK(左)とBLONDE(右)

 フェンダーが新しいBluetoothスピーカー「INDIO(インディオ)」 を発表した。既存の「NEWPORT」と「MONTEREY」の中間サイズで、バッテリーを内蔵したポータブル機。サイズは幅24.5×奥行12.2× 高さ21.6cmと小型ながら、約4kgと比較的重い。

 製品名は、南カリフォルニアのコーアチェラ・バレーにある都市にちなんだもの。インディオは世界屈指のロックフェスが開催されることでも知られている。

 後発モデルらしくBluetooth周りの機能は上位モデルよりも進んでいて、スマートフォンの通話と選曲操作に対応し、2台の INDIO をワイヤレスでチェーン接続する「DUO」モードもある。市場想定価格は税込3万9980円と決して安くはないが、魅力は外観の作り込みと、いかにも「らしい」出音にある。

MONTEREY(奥)INDIO(中)NEWPORT(前)

色だけでないBLACKとBLONDEの違い

 外装材はギターアンプと同じシボ付きのトーレックスを張り込んだもの。一見すると楽屋や練習に使うリハーサルアンプのようだが、ギターを直接接続することはできないイケズ仕様なのは相変わらず。そろそろ観念してモデリングアンプくらいオマケに付けたらどうだろう。

 背面にAUX INのミニジャックが付いているので、VOXのamPlugなんかを接続するには便利そうだが、フェンダーのアンプをそんな風に使うのも、なんだか気が引ける。

 それはさておき、BLACKとBLONDEは外装色だけではなく、パーツも細かく変えているのがおもしろい。違う部分は、フロントグリルの模様とメインパネルの色、そしてノブとキャリングハンドルの形状だ。機能上の差はないが、BLONDEのハンドルの方が、太さ柔らかさが適切で持ちやすいように感じた。

 もちろんパーツの違いは、有名なフェンダーのヴィンテージアンプの意匠に寄せたもの。どのモデルを模したものかは各自推察して楽しんでほしいが、歴史的なシグネチャーサウンドを模したアンプモデルを入れ、ギターが接続できればさらに良かった。しつこいようだが、ここはダメを押しておきたい。

 電源は付属のACアダプターを介してDC15Vを供給する。ACアダプターの接続中は内蔵バッテリーの充電もし、背面にはバッテリーの充電状態を示すLEDインジケーターが付いている。バッテリーの持ち時間は最大25時間。背面のUSBポートはスマートフォンの充電用で、USBインターフェース機能があるわけではない。

前へ 1 2 3 4 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン