このページの本文へ

巨大イベントを支えるボランティアの募集やマッチング、各種業務をクラウドで支援

NEC、国内最大規模のeスポーツ大会に「ボランティア支援サービス」を提供

2019年01月21日 17時15分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
2018年1月に行なわれた「EVO Japan2018」の様子

 NECは1月21日、福岡市で開催される国内最大規模のeスポーツイベントにボランティア運営をクラウド上で行なう「ボランティア支援サービス」を提供したと発表した。

 イベントは2月15日に開催される対戦格闘ゲームトーナメント「Evolution Championship Series: Japan 2019」(EVO Japan2019)。大会主催者がボランティアを求める活動案件の募集や配置、事後アンケートに至る一連の運営業務を高度なセキュリティー基盤上に構築したクラウド環境でトータルに提供。

ボランティアの募集やスキルに合わせたマッチング、説明やスケジューリングなどの業務をクラウドで支援 

 ボランティア要員に対して、参加登録から役割の確認、説明会スケジュールの把握、当日の連絡まで利用可能なマイページの提供も行なえるため、ボランティア要員の円滑な活動を実現するとしている。

 

■関連サイト

カテゴリートップへ

「スポーツビジネス」の詳細情報はこちら
  • Sports Marketing

    スポーツを活用するマーケティング戦略を追う

  • Sports Technology

    スポーツの世界を変えるテクノロジーたち

ピックアップ