このページの本文へ

特集記事

パロアルトネットワークスが考える「マルチクラウド時代に必要なセキュリティ対策」

パロアルトネットワークスが考える「マルチクラウド時代に必要なセキュリティ対策」

パブリッククラウドの活用が浸透する中で、大規模な情報漏洩にもつながりかねない新たなセキュリティ脅威が発生している。これからのマルチクラウド利用においてこうした脅威を防ぎ、ポリシーの一元化を図るには。パロアルトネットワークスの「RedLock」がその解となるはずだ。

2019年01月17日 08時00分更新

文● 大塚昭彦/TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
  • パロアルトネットワークス「RedLock」が活躍するさまざまなユースケース

    2019年01月17日 08時00分

    多数のクラウド契約、DevOps環境やコンプライアンス/監査対応などで役立つ機能

    パロアルトネットワークス「RedLock」が活躍するさまざまなユースケース

    パロアルトネットワークスが提供を開始したマルチクラウド対応のセキュリティツール「RedLock」はどんなユーザー/ユースケースで役立つのだろうか。今回はその具体例を見るとともに、パロアルトネットワークス...

  • マルチクラウド時代のセキュリティをサポートする「RedLock」

    2019年01月11日 08時00分

    社内のマルチアカウント/マルチクラウドを一元監視、設定ミスやリスクを自動検出

    マルチクラウド時代のセキュリティをサポートする「RedLock」

    パロアルトネットワークスが買収を発表した「RedLock(レッドロック)」は、パブリッククラウド環境で生じる新たなタイプのセキュリティ脅威を監視/排除し、コンプライアンス準拠もサポートするツールだ。その...

  • “パブリッククラウドならでは”のセキュリティ脅威と課題とは?

    2019年01月09日 08時00分

    マルチクラウド化の進展でさらに管理が難しくなるクラウドセキュリティ

    “パブリッククラウドならでは”のセキュリティ脅威と課題とは?

    パブリッククラウドの利点のひとつが「誰でもすぐに環境をセットアップし、使える」ことだ。だが、それゆえに生じる新たなセキュリティ脅威と課題があるという。旧来のセキュリティ常識では見落としがちな、この脅...

ピックアップ