このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

Ryzenのメモリー相性を10製品使って確認、すべて快適に動作!

2019年02月07日 11時00分更新

文● AMD HEROES編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

この記事は、AMDのファンサイト「AMD HEROES」に掲載されている記事の転載です。

 コストパフォーマンスの高いAMD Ryzenの登場により、ひさしぶりにPC自作をする人や、自作PCを始める人が増えているという。しかしながら、発売から2年以上経ったいまも、ショップスタッフにメモリー相性に関する質問があるようだ。

 確かに、2017年の第1世代Ryzen発売当初は、メモリーの相性によって動作不良になるケースがあり、ショップスタッフからも“どのメモリーで動作するのかわからない”との声も上がっていた。しかし、最近はマザーボードのBIOS更新で改善しているという。

 これはAMD向けマザーボードのBIOSに含まれているAMD提供ファームウェア「AGESA(AMD Generic Encapsulated System Architecture)」のメモリー設定周りに大きく手が加えられ、互換性や安定性が大幅に向上したためだ。

 ちなみに、現行チップセットのAMD X470やB450を搭載するマザーボードや第2世代Ryzenなどについては、発売当初よりメモリー相性による不具合を聞くことは少ない。もちろん、メモリー起因の動作不良などもあるため皆無ではないが、これはRyzenに限ったことではなく、各プラットフォームであることだ。

 それでも不安は付きまとうもの、そこで今回は格安系から定番メーカー品までのDDR4-2666 8GB×2枚セット品を7製品用意。実際に問題なく動作するか試してみることにした。

 テスト環境には、CPUに最高DDR4-2933に対応する「Ryzen 7 2700X」、マザーボードにB450チップセット採用のMSI「B450 TOMAHAWK」を用意。

コスパ優秀なB450マザーボードのMSI「B450 TOMAHAWK」。価格は約1万3000円前後
「B450 TOMAHAWK」は、しっかりとメモリーの互換性チェックが行なわれ、公式サイトにてメモリーチップや動作する枚数など詳しい情報も出ているので安心だ
【テスト環境】
CPUAMD「Ryzen 7 2700X」(8コア/16スレッド、3.7~4.3GHz、TDP105W)
マザーボードMSI「B450 TOMAHAWK」(AMD B450)
ビデオカードNVIDIA「GeForce GTX 1080 Ti Founders Edition」
ストレージKingFast「F6 PRO 2710DCS23-360」(2.5インチ、360GB、SATA3)
電源ユニットSeasonic「SS-750KM」(750W、80PLUS GOLD)
OSWindows 10 Pro

前へ 1 2 3 4 5 次へ