このページの本文へ

デスクトップ置き換え可能な本格派や最薄・最軽量等の多彩なラインナップ

デル、新デザイン採用のALIENWARE AREA-51mなどを発表

2019年01月10日 19時30分更新

文● 南木義隆

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 デルは1月9日、ALIENWAREの新モデルとして「レジェンドデザイン」採用のノートPCと、17型および15型のノートPCを発表した。日本での販売時期や価格はいずれも未定。

ALIENWARE AREA-51m

 「ALIENWARE AREA-51m」はデスクトップ向けの第9世代インテルCoreプロセッサーと、64GBメモリー、2.5Gbps Ethernet、アップグレード可能なグラフィックスを搭載する。最新の熱制御・冷却技術で最適化され、薄いディスプレーベゼル、スリーナックルヒンジデザインを組み合わせた独自のレジェンドデザインに仕上げた。

 従来機種と比較してボリュームを32%低減しつつパフォーマンスは50%向上させたとうたう。ALIENWARE最新の主力モバイル ゲーミングパソコンとして、Tobiiのアイトラッキング技術や最新のALIENWAREコマンドセンターなど、ゲーミングに必須のさまざまな機能や能力を詰め込んだとする。2019年1月29日から2549米ドル~で販売開始。

ALIENWARE m17

 昨年10月に発売された「ALIENWARE m15」にNVIDIA GeForce RTX20シリーズGPUを搭載したアップデートバージョンと、ALIENWARE史上最薄・最軽量の17インチゲーミングノートパソコン「ALIENWARE m17」も発表。高度なグラフィックゲームに対応するパワーを持ちながら軽量をうたい、ALIENWARE m15は約2.1kg、ALIENWARE m17は約2.6kg。

 CPUは第8世代インテルCore i5およびCore i7。NVIDIA GeForce RTX20シリーズGPUとの組み合わせにより、リアルタイムレイトレーシングや、人工知能(AI)、プログラマブルシェーディングをはじめとする高度な機能に対応するという。NVIDIA GeForceRTX20シリーズGPU搭載のALIENWARE m15は1579.99米ドル~で、ALIENWARE m17は1649.99米ドルでいずれも2019年1月29日販売開始。

Dell G7 15

 「Dell G5 15」および「Dell G7 15/17」は、デザインを一新。Dell Gシリーズ史上最薄のスリムベゼルのスクリーンを搭載し、第8世代のクアッドおよびヘキサコアプロセッサーと最新のNVIDIAグラフィックスを搭載し、要求の高いAAAタイトルのゲームや日常のあらゆる用途に対応する。オプションの144Hzの高リフレッシュレートやG-SYNCディスプレーパネルに加え、ALIENWAREコマンドセンターと、カスタマイズ可能なバックライトを装備した4ゾーンのRGBキーボードも導入する。

 底面にクリアパネルを用いて冷却用のブルーのファンを設置したアルパインホワイトの「Dell G5 15インチ スペシャルエディション」も発売。

 Dell G5 15は999.99米ドル~、Dell G7 17は1380米ドル~、Dell G7 15は1099米ドル~で、2019年1月29日から販売開始。

2019年もeスポーツに投資

 同時に2018年から続くeスポーツへの投資も明らかにした。2019年は最先端の設備を備えた2つめのALIENWARE Training Facilitiesをオランダのユトレヒトにオープンさせ、引き続きレベルの引き上げに努めると発表。この施設は、将来的にチームの欧州本部として世界中で戦うTeam Liquidのアスリートのためのトレーニング中核施設となる予定だ。

■関連サイト

カテゴリートップへ

ASCII.jpおすすめパック
製品ラインナップ
インテルバナー