このページの本文へ

Windows Info 第154回

Windows 10のコマンドライン超入門

2019年01月06日 10時00分更新

文● 塩田紳二 編集● ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

位置を示すパス

 パラメーターとしてファイルやフォルダーを指定する場合、パスを指定する。

コマンドラインでファイルやフォルダーを指定する場合には「パス」を使う。ただしカレントディレクトリ機能を使うとパスを省略できる

 パスとは、ルートフォルダーから該当のフォルダーに到達するまでに存在するフォルダー(親フォルダー)名をパス区切り文字(逆スラッシュあるいは円マーク)でつないで並べたもの。エクスプローラーでアドレス欄をクリックして表示されるのが、パスである。なお、ドライブ指定文字から始まるパスを「フルパス」という。

 コマンドラインでは、原則フルパスを記述するが、パスによっては表記が長く面倒なことがある。このため、コマンドラインには「カレントフォルダー」(カレントディレクトリーともいう)という概念がある。任意のフォルダーをカレントフォルダーに指定でき、カレントフォルダーにあるファイルやフォルダーに関しては、コマンドラインでは、パスを省略し、ファイル名やフォルダー名だけで指定することが可能になる。

 イメージ的には、コマンドが実行される「場所」をカレントフォルダーに移動する感じである。カレントフォルダーを指定することを「カレントフォルダーに移動する」ということがある。これにはcdコマンドを使う。cdとは「change directory」の略で、本来はchdirというコマンド名なのだが、利用頻度が高いためcdというコマンド名ももつ。

 特定のフォルダーにある複数のファイルをコマンドラインで処理するような場合、事前にcdコマンドでカレントフォルダーに設定しておくと、コマンドラインのパラメーター記述が簡単になる。

 カレントフォルダーにあるフォルダー(サブフォルダー)内のファイルは、「サブフォルダー名¥ファイル名」と省略して記述することができる。このように「ルートフォルダー」から始まらないパスを「相対パス」という。相対パスは、原則フルパスよりも記述が短く、やはりコマンドラインでの指定が簡単になる。

 なお、パスでも大文字小文字は原則区別されないので、どちらで指定してもよい。一部、フォルダー名やファイル名の途中にスペースが含まれることがある。このようなパスをパラメーターとして指定する場合には、必ずパス全体をダブルクオート(")でくくる。

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン