このページの本文へ

社員のPCにはデータを保存せずクラウドで管理

サードウェーブ、データレスPCソリューションを搭載したビジネス用ノートを発表

2018年12月21日 15時10分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

「DX-KS H3 Flex Work Place Passage Drive搭載モデル」

 サードウェーブは12月21日、横河レンタ・リースのデータレスPCソリューション「Flex Work Place Passage Drive」を搭載したビジネス用ノート「DX-KS H3 Flex Work Place Passage Drive搭載モデル」を発表した。2019年1月22日より受注を開始する。

 Flex Work Place Passage Driveは、社員が持つPC内にデータ保存することなく、クラウド上にのみ保存させるデータレスPCソリューション。セキュリティー向上のほか、異なるOSやモバイル端末からのアクセスも容易でモバイルワークに利用しやすく、社内の情報システム担当者の負担が少ない導入が可能という。

 Flex Work Place Passage Driveは月額500円の課金制で提供されているが、DX-KS H3 Flex Work Place Passage Driveではコラボレーションモデルとして2年(24ヵ月)分または3年(36ヵ月)分それぞれの料金をあらかじめパッケージした形で販売する。

 ノートPCとしての仕様は、CPUにインテルCorei3-7100Uを採用、4GBメモリーと500GB HDD、15.6型1366×768ドット液晶を装備する。 価格は2年モデルが10万7978円、3年モデルが12万9578円。

カテゴリートップへ

関連サイト
コンテンツ