このページの本文へ

キタムラ・ホールディングスのグループ会社のUXENT

スタジオ撮影のデータをQR付きカードに紐付けするサービスが開発

2019年06月19日 20時10分更新

文● ラモス/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 UXENT(アクセント)は6月19日、スタジオで撮影した写真データをその場でQR付きカードに紐付けするサービス「moovin studio」を開発したと発表。顧客はQRをスキャンするだけで、すぐに撮影データを閲覧したり、ダウンロードしたりできる。すでにラボネットワークで販売開始している。

 主な特徴は、撮影データの受け渡しをCD-ROM/DVDからQRカードに置き換えたこと。これまで顧客は一旦PCで読み込み作業をしたうえで、スマホにメールなどを使って転送する必要があった。同サービスを使うことで、スマホ閲覧、ダウンロード(共有)を従来の手間を経ずに、簡単に利用できる。

 スタジオ側は、CD-ROMにデータ書き込みをせずに、簡単に撮影データを取り扱える。データを3年間保存可能なので、顧客の写真を保存・管理するストレージとしても活用できる。

 UXENTとラボネットワークはともに、キタムラ・ホールディングスのグループ会社。UXENTは、スマホ向けアプリの開発と動画付きステーショナリーを製造している。ラボネットワークは、デザインアルバム出力や、スタジオ向けのプロプリント出力を手がける。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン