このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

ポタフェス2018冬(秋葉原)第4回

A&ultima SP1000Mに真鍮製のGOLD登場

サターンにNEOGEO、キズナアイ、ゲームからネットに広がるオーディオコラボ

2018年12月16日 15時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 12月15日と16日に秋葉原で開催されている“ポタフェス2018冬”。会場で見つけたコラボモデルやスペシャルモデルの展示を紹介していこう。

真鍮で重厚感が増したSP1000M

 Astell&Kernなどの代理店を務めるアユートは、ハイエンドプレーヤー「A&ultima SP1000M」の限定モデルとして、真鍮製筐体を採用した「SP1000M GOLD」を参考展示している。アルミ製筐体に比べて重量は増すが、重厚で質感は高い。

SP1000M GOLD

上位機のSP1000を思わせるシャープな雰囲気に。

 素材変更だけでなく、内蔵メモリーも128GBから256GBに倍増させている。11.2MHzのDSDや384kHz/24bitのPCMのネイティブ再生に加え、最近のファームアップデートで、MQA再生にも対応したSP1000M。音調としては、従来機種よりやわらかな雰囲気になるそうだ。

会場にはコラボモデルも多数展示

 またアユートはAstell&Kernのコラボモデルにも力を入れている。先日発表された人気ユニットfripSideと「A&futura SE100M」とのコラボモデル「A&futura SE100 fripSide Edition」のほか、テレビアニメ『ウマ娘』と「A&norma SR15」のコラボモデル「A&norma SR15 ウマ娘 プリティーダービーSpecial Edition」をブース内で展示。アーティストやキャストのコメントが添えられたパネルもあるので、ファンは注目だ。

A&futura SE100 fripSide Edition

サイン入りのコメントが添えられたパネル

A&norma SR15 ウマ娘 プリティーダービーSpecial Editionの展示。芝の上に実機とパネルが。

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

週刊アスキー最新号

編集部のお勧め

ASCII倶楽部

ASCII.jp Focus

MITテクノロジーレビュー

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

不正商品にご注意ください!

iPhone 11、ASCII徹底大特集!

アスキー・ビジネスセレクション

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

電撃モバイルNEO バナー

デジタル用語辞典

ASCII.jp RSS2.0 配信中