このページの本文へ

登録した声で認証する機能を提供し、他人のLINEメッセージを防止する

LINE Clova Friendsで個人アカウントによるメッセージの送受信が可能に

2018年12月11日 11時55分更新

文● 市川

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 LINEは12月10日、AIアシスタント「Clova」を搭載したスマートスピーカー「Clova Friends」「Clova Friends mini」にて、個人アカウントで音声によるLINEメッセージの送受信が可能になったと発表。12月10日から利用可能としている。

個人アカウントで音声によるLINEメッセージの送受信が可能になった

 Clova Friendsシリーズは、ブラウンやサリーなどさまざまなキャラクターをデザインにしたスマートスピーカー。Clovaを搭載しており、「ねぇClova」と話しかけるとニュースや天気などの情報検索、LINEメッセージの送信および読み上げなどのコンテンツサービスを音声だけで操作できる。

 これまでのLINE Clovaアプリでは家族アカウントを作成することで、そのアカウントと友だちになった人とメッセージの送受信ができる仕様だった。今回、普段から使用している個人アカウントとClova専用アカウント(旧家族アカウント)のどちらかを選択することにより、ユーザーのライフスタイルにあったアカウントで利用できるようになるという。 アカウントの登録方法はこちらから。

 個人アカウントの利用開始にともない、登録した声で認証する声認証機能(β版)を提供し、他人によるLINEメッセージの送受信を防止するという。

カテゴリートップへ

LINE Clovaオススメ記事