このページの本文へ

ディズニー・アニメーション最新作の監督『ズートピア』の最強コンビにインタビュー!

『シュガー・ラッシュ:オンライン』ジョン・ラセターが退社後に残したもの

2018年12月22日 15時00分更新

文● 上代瑠偉、写真● 八尋

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ヴァネロペの1番大切なポイントは

── 近年のディズニーは『アナと雪の女王』や『ズートピア』などで、現代的な女性像を描いています。今作のヴァネロペを描くにあたって、何か意識したことはありますか?

リッチ・ムーア:フィルがよく指摘するんですが、前作『シュガー・ラッシュ』では、僕らはヴァネロペを100%知ることができていなかったと思います。前作では劇中に登場するのも、ラルフよりもヴァネロペのほうがずっと後だし、彼女の描くべき物語をまだ半分ぐらいしか描けてないと感じていました。

── なるほど。今作では?

リッチ・ムーア:この作品で、彼女は自分のパーフェクトな居場所を見出していきます。ラルフはお兄さん的な存在として、彼女を半分の折り返し地点まで連れて行ってくれます。残りの半分はお姉さんのような立場で、新キャラのシャンクがヴァネロペを連れて行ってくれます。彼女はラルフがアドバイスできないようなこともアドバイスできる存在です。この作品では、ヴァネロペの語るべき物語をすべて語ることができたのではないかと思います。

シャンク

── 具体的には?

リッチ・ムーア:ヴァネロペは『シュガー・ラッシュ』のなかにいるべき存在としてプログラミングされています。ですが、彼女自身のいたい場所は(インターネット上にある過激なレースゲーム)『スローターレース』です。これも彼女を通して描きたかったことの1つですが、人は誰かに「ここにいるべきだ」と言われる場所にいる必要はありません。彼女の物語の大切なポイントのひとつは「自分の夢や求めるものが導いてくれる場所にいてもいいんだよ」ということです。

フィル・ジョンストン監督(左)、リッチ・ムーア監督(右)

(次ページでは「退社したジョン・ラセターさんが残してくれたもの」)

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ