このページの本文へ

雪山から石油採掘現場まで世界で利用される堅牢ノート

デル、タフネス14型ノートPC「Latitude Rugged」に新モデルを追加

2018年11月27日 19時05分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
New Latitude 5424 Rugged

 デルは11月27日、タフネスノートパソコン「Latitude Rugged」の新モデル3機種を発売した。

 「New Latitude 5424 Rugged」と「New Latitude 5420 Rugged」は、手袋を着けたままでも操作できるタッチパネル付き14型液晶ディスプレーを搭載するほか、オプションのバッテリーはホットスワップに対応。MIL-STD-810G認定およびIP-52等級の耐落下性能や防塵防水、-29度~60度までの耐低温高温性能を持つ。

 いずれも従来シリーズよりも薄型軽量化されたほかスペックも向上し、CPUは第8世代Coreプロセッサーを採用また、暗号化や高度な認証機能などの堅牢なセキュリティーも搭載する。本体サイズはおよそ幅347×奥行き244.5×高さ44.4(5424)/32.88(5420)mm、重量およそ2.5kg(5424)/2.22kg(5420)。New Latitude 5424 Ruggedは最大4TB SSDを搭載でき、価格は21万9980円から。New Latitude 5420 Ruggedは最大2TB SSDを搭載でき、価格は19万9980円から。

New Latitude 7424 Rugged Extreme

 さらに堅牢な仕様のモデル「New Latitude 7424 Rugged Extreme」も用意されている。本体サイズはおよそ幅354.5×奥行き255×高さ51.3mm、重量およそ3.45kgとひとまわり大柄のボディを採用し、IP-65(防塵および圧力防水)保護性能、さらに広い動作温度幅などの過酷な環境(爆発性環境や塩水噴霧、凍結/解凍)にも耐えるモデルとなっている。価格は35万9980円から。

カテゴリートップへ

ASCII.jpおすすめパック
製品ラインナップ
インテルバナー