このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

Xperia XZ3はXperia XZから2年でどれだけ進化したかを比較した!

2018年11月18日 12時00分更新

文● 平澤寿康 編集●ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

Snapdragon 845の採用で納得の高性能

 今度は性能を簡単にチェックしましょう。今回は、Antutu BenchmarkとGeekbench 4、3DMarkのSling Shot Extremeの結果を紹介します。いずれの結果も、最新フラッグシップスマホらしい、申し分ない結果が得られています。まだ本格的にアプリを導入していない仮運用中ではありますが、動作の重さを感じる場面は今のところ全くありません。

 ただ、メモリーが4GBと、フラッグシップスマホとしてはやや心許ない点は気になるところ。アプリを多数インストールして使い始めると、メモリーの少なさが影響してくる可能性もあるかもしれません。このあたりは今後使いながらチェックしていく必要がありそうです。

Antutu Benchmarkの結果

Geekbench 4の結果

3DMark Sling Shot Extremeの結果

 さて、今回は本体のデザインやサイズ、ディスプレーまわりを、筆者が従来使っていたXperia XZと比較しつつ見てきましたが、一部気になる点もあるとはいえ、ここまではXperia XZ3に満足できています。次回は、カメラまわりや新たに追加された機能などを見ていきたいと思います。

  Xperia XZ3
メーカー ソニーモバイル
ディスプレー 6型有機EL
画面解像度 1440×2880ドット
サイズ 約73×158×9.9mm
重量 約193g
CPU Snapdragon 845
2.8GHz+1.8GHz(オクタコア)
内蔵メモリー 4GB
内蔵ストレージ 64GB
外部ストレージ microSDXC(最大512GB)
OS Android 9
無線LAN IEEE802.11ac(2.4/5GHz対応)
カメラ画素数 リア:1920万画素(F値2.0)
/イン:1320万画素(F値1.9)
バッテリー容量 3200mAh
FeliCa/NFC ○/○
ワンセグ/フルセグ ○/○
防水/防塵 ○/○
生体認証 ○(指紋)
USB端子 Type-C
連続待受時間 約520時間
連続通話時間 約2240分
カラバリ ブラック、ホワイトシルバー、ボルドーレッド、フォレストグリーン

■関連サイト

前へ 1 2 3 4 5 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン