このページの本文へ

Xperia XZ3はXperia XZから2年でどれだけ進化したかを比較した!

2018年11月18日 12時00分更新

文● 平澤寿康 編集●ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

本体は大きくなったが
数値ほどの実感はナシ!

 本体サイズは、約73×158×9.9㎜です。Xperia XZと比べると、横幅が1mm、奥行きが12mm、厚さが1.8mmとかなりのサイズアップとなっていますが、側面がカーブしているからか、手にした時にゴツゴツとした印象が少なく、手のひらにしっくりなじんで持てることで、この数字ほど大きいとは感じませんでした。

 ただ、奥行きの長さに関しては話は別です。特に筆者はスマホをズボンのポケットに入れて持ち歩くことが多いこともあって、この奥行きの長さはちょっと気になります。実際にポケットに入れてみても、Xperia XZよりも存在感はかなり強くなったように感じました。

 このあたりは、縦長ディスプレーの採用と、ノッチ非採用で上下にやや幅の広いベゼルが残されていることが影響していると言えます。ただ、個人的にはノッチに対して否定的なこともあって、Xperia XZと比べて上下のベゼル幅が大幅に狭くなったこととあわせて、許せる範囲内ではあります。

Xperia XZ3を正面から見た様子。本体サイズは約73×158×9.9㎜と、筆者がこれまで使っていたXperia XZからかなりサイズアップしている

Xperia XZ(左)との比較。ディスプレーサイズの大型化も目を見張るが、ボディーの高さがかなり大きくなっていることがよくわかる

ディスプレー上部右にはインカメラがある

背面の雰囲気も大きく変わり、デザイン的にはXperia XZ3のほうが洗練されている印象だ

高さもXperia XZ3が1.8mmほど厚くなったが、側面付近がカーブしているため、手にするとそれほど厚く感じない

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン