このページの本文へ

電子マネーやLINE Pay支払いとも連携可能

LINE上で家計簿・資産管理ができる「LINE家計簿」

2018年11月13日 18時25分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 LINE Payは11月12日、家計簿・資産管理サービス「LINE家計簿」を開始した。

 アプリ版(iPhone・Android対応)および、LINEの「ウォレット」タブでアクセスできるLINE版の2種類が提供される。アプリ版では銀行やクレジットカード、電子マネーなどの金融サービス、LINEポイントなど各種ポイントサービス、ECサービスと連携し、一括して管理して家計簿を自動作成。LINE Payでの送金や支払い、チャージなどの利用履歴や残高確認が自動で取り込まれてLINE家計簿に反映される。また、レシートを撮影すると品目や金額を読み取って入力する機能も備える。

日単位、月単位の収支をわかりやすく表示 

 LINE版は、LINEアプリ上から起動でき、収支の記録や、連携した金融サービスの情報を確認することが可能。

 いずれも入力された収支を元に「今日使える金額」や月別の「貯金できる金額」などがわかりやすく表示される。LINE版は現時点で一部機能に制限があり、すべての機能を利用するにはLINE家計簿アプリのインストールが必要となる。利用はいずれも無料。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン