このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

このスマホ、ホントに買い? 話題のスマホ徹底レビュー 第127回

日本上陸の「Google Pixel 3」はシングルカメラでも問題なしの品質

2018年11月06日 15時00分更新

文● 友納一樹(ゴーズ) 編集●ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

アシスタントを呼び出すには
スマホを握るだけ

 「Active Edge」は、本体をスクイーズする(握る)だけで、Googleアシスタントを呼び出したりできるユニークな機能。初めは握る位置や強さなど感覚をつかむのが難しいかもしれないが、慣れれば簡単だ。「OK Google」と話しかけるよりも、スマホをさっと握って、用件を話したほうが早い。

スマホの下半分を握りしめる感じ。作動すると、一瞬だけ本体が振動する

握る強さは9段階で設定できる。画面OFF時に有効にするかも設定可能

パフォーマンスも高水準

 OSは最新の「Android 9 Pie」を初期搭載している。CPUはクアルコムの最高グレードであるSnapdragon 845、メモリーは4GB、内蔵ストレージは64GBと128GBから選べる。

 スマホのパフォーマンスを数値化して評価できる「AnTuTu Benchmark」アプリでベンチマークを計測してみると、「270802」の高スコアを記録。実際、使っている時はアプリの起動が遅かったり、動作が鈍くなったりすることはなかった。

画面は最高スコア時のもの。複数回計測したが、240000以上は常に維持していた

 内蔵するバッテリーはPixel 3が2915mAh、Pixel 3 XLが3430mAhとなっており、急速充電、ワイヤレス充電に対応している。筆者はPixel 3を1週間使っていたが、電池持ちに不満はなかった。

 ほかに、Pixel 3は、ユーザーの使用状況をグラフで表す「Digital Wellbeing」という新機能を搭載している。アプリごとに1日の使用時間の上限を設定できる「アプリタイマー」や、睡眠を妨げない「おやすみモード」の設定ができる。

アプリごとに使用時間を確認できる。スマホの使い過ぎ防止につながる

 また、お店やテレビで流れる音楽を聞き取り、その曲名をロック画面に表示してくれる機能も。不意に流れた曲のタイトルやアーティスト名が思い出せないときに便利だ。

ロック画面に自動で表示される

【まとめ】やや高価だが、快適な操作性、独自機能は魅力

 日本初上陸となった「Google Pixel」だが、最安の選択肢であるPixel 3(64GB)を選んでも価格は9万5000円。高いと感じる人は多いと思うが、高性能カメラや「Active Edge」といったPixel 3ならではの機能は魅力に感じた。最新のAndroid 9 Pieを搭載し、OSのアップデートをすぐに受けられる点もうれしい。個人的には、手になじみやすいデザインも気に入っている。

 カメラについても、背景をボカす機能を搭載するスマホは他にも数多くあるが、Pixel 3はそれに加えて「Googleレンズ」や「Playground」といった独自の機能を備えており、じゅうぶんに楽しんで使えるのではないだろうか。

 価格を見て二の足を踏む人も、一度手に取って確かめてみてほしい。スムーズな操作性や独自機能は魅力に思えるはずだ。

同梱のイヤホン。ケーブルがはみ出ているデザインが面白い。USB Type-Cに接続する

充電スタンドになる「Pixel Stand」(別売り)

  Pixel 3 Pixel 3 XL
ディスプレー 5.5型有機EL
(18:9)
6.3型有機EL
(18.5:9)
画面解像度 1080×2160 1440×2960
サイズ 68.2×145.6
×7.9mm
76.7×158
×7.9mm
重量 148g 184g
CPU Snapdragon 845
2.5+1.6GHz
(オクタコア)
内蔵メモリー 4GB
内蔵ストレージ 64GB 128GB
OS Android 9.0
最大通信速度 下り最大794Mbps
CA対応 ○(5CC)
無線LAN 802.11ac
(2.4/5GHz)
カメラ画素数 リア12.2メガ/イン8メガ×2
バッテリー容量 2915mAh 3430mAh
指紋センサー
防水・防塵
USB端子 Type-C
カラバリ クリアリーホワイト、ジャストブラック、ノットピンク クリアリーホワイト、ジャストブラック

■関連サイト

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン