このページの本文へ

プロライセンス保持者&非保持者混合による6チームが対戦

カプコン、eスポーツリーグ「ストリートファイターリーグ」を来春開催

2018年09月25日 18時40分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
ストリートファイターリーグ

 カプコンは9月25日、「ストリートファイター」を活用したeスポーツリーグ「ストリートファイターリーグ」を 2019年春より国内で開催すると発表した。

 ストリートファイターシリーズは、1987年に業務用ゲーム機として第1作目の登場から31年を迎える。ストリートファイターリーグは、急成長を続ける日本のeスポーツ市場において競技者およびファンの満足度向上に向けた環境を提供、プレイヤーの裾野拡大と活躍の場を増やすことを目的としている。

 JeSU公認プロライセンス保持者と非保持者の混合による6チームを結成し、3on3 によるチームバトルリーグ戦を繰り広げる予定という。

カテゴリートップへ

「スポーツビジネス」の詳細情報はこちら
  • Sports Marketing

    スポーツを活用するマーケティング戦略を追う

  • Sports Technology

    スポーツの世界を変えるテクノロジーたち

ピックアップ