このページの本文へ

Intel「SSDPEKNW512G8XT」、「SSDPEKNW010T8X1」、「SSDPEKNW020T8X1」

QLC 3D NANDを採用するNVMe SSD「Intel SSD 660p」がデビュー

2018年09月21日 23時30分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 インテル製NVMe M.2対応SSD「Intel SSD 660p」シリーズが登場。512GB~2TBまで3モデルの販売が複数ショップでスタートした。

64層QLC 3D NANDを採用する初のNVMe SSD「Intel SSD 660p」シリーズ

 「Intel SSD 660p」シリーズは、64層QLC 3D NANDを採用する初のNMMe SSD。一般的なTLC NAND採用SSDよりも低価格で大容量の製品を提供できるとしている。

 インターフェースはPCI Express(3.0) x4、フォームファクターはM.2 2280。基本スペックは、512GBモデル「SSDPEKNW512G8XT」がシーケンシャルリード1500MB/sec、同ライト1000MB/sec、総書き込み可能容量100TBW、1TBモデル「SSDPEKNW010T8X1」と2TBモデル「SSDPEKNW020T8X1」がシーケンシャルリード1800MB/sec、同ライト1800MB/sec、総書き込み可能容量200TBW。製品保証は5年間。

コスパ重視のQLC 3D NANDを採用するSSD

 価格は512GBモデル「SSDPEKNW512G8XT」が約1万3000円、1TBモデル「SSDPEKNW010T8X1」が約2万5500円、2TBモデル「SSDPEKNW020T8X1」が約5万1000円。パソコンショップアーク、オリオスペック、ドスパラ秋葉原本店、パソコン工房 秋葉原BUYMORE店、ツクモパソコン本店、ツクモDOS/Vパソコン館、TSUKUMO eX.で販売中だ。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中