Crucial「CT120BX500SSD1JP」、「CT240BX500SSD1JP」、「CT480BX500SSD1JP」

低容量の120GBでも速いCrucialの新型2.5インチSSD

文●山県 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Crucialの新型2.5インチSerial ATA対応SSD「BX500 SSD」シリーズが14日(日)から販売開始となる。ラインナップは120GB、240GB、480GBの計3モデルだ。

Crucialの新型2.5インチSerial ATA対応SSD「BX500 SSD」シリーズ

 コストパフォーマンスがウリのエントリー向けSSDの新モデル。NANDフラッシュにはMicron製3D NANDを採用。転送速度は3モデル共通でシーケンシャルリード540MB/sec、同ライト500MB/sec。低容量の120GBモデルでも速度が低下しないのが特徴だ。

コストパフォーマンスがウリのエントリー向けSSD。低容量の120GBモデルでも速度が低下しない

 そのほか、書込耐性はそれぞれ40TBW、80TBW、120TBW、MTTFは150万時間。厚さは7mm、製品保証は3年間。データ移行ソフト「Acronis True Image for Crucial」が付属する。

 価格は120GB「CT120BX500SSD1JP」が3686円(税抜)、240GB「CT240BX500SSD1JP」が5538円(税抜)、480GB「CT480BX500SSD1JP」が9250円(税抜)。ドスパラ秋葉原本店やパソコン工房 秋葉原 BUY MORE店で販売予定。なお、パソコンショップアークでも販売中だが、こちらは並行輸入版につき保証は6ヵ月となっている。

【関連サイト】

過去記事アーカイブ

2021年
03月
04月
05月
06月
2020年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
2019年
09月
11月
2018年
01月
05月
10月
2016年
06月
09月
2015年
01月
02月
11月
2014年
03月
06月
2013年
04月