このページの本文へ

Apple Watchの便利な使い方第16回

機種変更に備えよう

【重要テク】Apple Watchのバックアップついて知っておく

2018年09月16日 12時00分更新

文● すずまり 編集●飯島恵里子/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
ケースサイズをはじめ、フルモデルチェンジしたApple Watch Series 4は、9月21日発売です

 ついに新しいiPhone XS/XS Max/XRとApple Watch Series 4が発表されました。9月21日の発売に向けて、Apple Watchの機種変更を狙っている方は、バックアップ方法について知っておきましょう。

 Apple Watchのデータは、ペアリングしているiPhoneにバックアップされます。バックアップのタイミングは2つ。ペアリングしているiPhoneが手元にあって、普段からApple Watchを使っているなら、特にすることはありません。なぜならiPhoneにバックアップが作成されており、iPhoneがバックアップされるタイミングで、Apple Watchのバックアップデータもバックアップされているからです。

 もうひとつは、ペアリングを解除するタイミング。解除操作を行うことで、一旦iPhoneにバックアップが作成されるのです。iPhoneやApple Watchを機種変更するときには忘れずにやっておきたいところです。

 バックアップできるのは、Apple Watchのシステム設定情報、時間帯、通知設定、アプリ固有のデータ、アプリのレイアウト、文字盤の設定情報、Dockの設定、ワークアウトのアクティビティデータなどのヘルスケア関連データ、同期したプレイリストやアルバムなどのミュージックアプリの設定情報、Siriの環境設定、同期していた写真アルバムデータなど。Apple Watchを復元したときに、それまでと同じ環境で使えるようになるデータ、と考えておけばいいでしょう。

 ただし、バックアップ対象ではない設定もあります。それはイヤホンなどBluetoothのペアリング情報、Apple WatchのApple Payのカード情報、そしてApple Watchのパスコードです。これらは新たに設定し直すことになります。

●iPhoneとのペアリングを解除する

iPhoneのWatchアプリ選択されたApple Watchの(i)マークをタップする

①iPhoneのWatchアプリを開き、解除したいApple Watchを選択します
②(i)マークをタップします


ペアリング削除メニュー解除の確認画面

③「Apple Watchとのペアリングを解除」をタップします
④確認画面で改めて解除をタップします


モバイル通信プランの選択画面Apple IDのパスワード入力画面ペアリング解除中の画面

⑤Apple Watchがセルラーモデルの場合、モバイル通信プランの保持か削除を選択します
⑥Apple IDパスワードを入力します
⑦Apple Watchのペアリング解除がスタートします

 Apple Watch Series 3のセルラーモデルをご利用の場合は、モバイル通信プランを削除するかどうか聞かれます。目的に合わせて保持か削除を選びましょう。


※この記事は、Apple Watch Series 3 セルラーモデル(watchOS 4.3.2)、iPhone X(iOS 11.4.1)で検証して作成しています。


■関連サイト

カテゴリートップへ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中