このページの本文へ

1回のインク交換でA4なら6000枚印刷可能

ブラザー、超大容量インクカートリッジ「ファーストタンク」搭載「PRIVIO」を発表

2018年09月04日 17時40分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

PRIVIO「ファーストタンク」モデル5機種

 ブラザーは9月4日、インクジェット複合機/プリンター「PRIVIO(プリビオ)」の新製品として超大容量インクカートリッジとサブタンクを搭載した「ファーストタンク」モデル5機種を発表。9月中旬より順次発売する。

 4色インクを採用し、超大容量インクカートリッジは1回のインク交換でA4モノクロならばおよそ6000枚の印刷が可能。インク全色ともカートリッジからサブタンクに注入する構造のため、カートリッジ内のインクを使い切ってもおよそ200枚印刷できる。また、透明なインクカートリッジを採用するため残量が確認しやすい。

インク残量はフロントパネルで表示されるほか、目視でもわかりやすい

 A3複合機として3段給紙カセットの「MFC-J6999CDW」、2段給紙カセットの「MFC-J6997CDW」、A3対応プリンターの「HL-J6000CDW」(いずれも11月発売)を用意。A4複合機としてはファクス機能付き「MFC-J1500N」とファクス機能なしの「DCP-J988N」(いずれも9月中旬発売)が用意される。複合機は全モデルADF搭載するほか、全機種インターフェースとして有線/無線LANを装備する。価格はいずれもオープンプライス。

「MFC-J6999CDW」

「MFC-J1500N」 

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン