このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

IFA 2018レポート第4回

画面占有率95%! 小型ながらパワフルな新ZenBookが発表!

2018年08月31日 18時00分更新

文● 中山 智 編集● ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ASUSはドイツ・ベルリンで開催するIFA 2018に関連したプレス向けのイベントを開催し、ノートPCの最新モデルを公開した。今回新しく発表されたのは、「ZenBookシリーズ」が3モデル、「ZenBook Flip」が2モデル。またプロセッサーなど詳細が未発表だった「ZenBook Pro 14」や「ZenBook S」についても情報が公開されている。いずれも価格などは未発表で日本への導入も未定だ。

NanoEdgeディスプレーで
画面占有率95%のZenBook

 「ZenBookシリーズ」は「ZenBook 13」、「ZenBook 14」、「ZenBook 15」の3モデルをラインアップ。最大の特徴は「NanoEdge」と呼ばれるディスプレーの狭額縁化で、画面占有率はZenBook 13が95%、そのほか2モデルは92%となっており、フットプリントも小型化。世界でもトップクラスのコンパクトなモバイルPCに仕上がっている。

左から「ZenBook 13」、「ZenBook 14」、「ZenBook 15」

 「ZenBook 13」は13.3インチ(1920×1080ドット)のディスプレーを搭載し、プロセッサーはCore i7-8565UもしくはCore i5-8265UとWhiskey Lake-Uを採用している。さらにグラフィックはNvidiaのGeforce MX150(GDDR5 2GB)を搭載した構成もあり、小型ながらパワフルさが持ち味。

13.3インチディスプレーの「ZenBook 13」

 タッチパッドにLEDがセットされており、タッチパッド上のボタンをオスとテンキー表示切り替わり、タッチパッドをテンキーとして入力が可能となる。これは今回発表されたZenBook14とZenBook Flip 14も同じ仕様。つまりテンキーのないノートPCはタッチパッドがテンキーになるわけだ。

タッチパッドにテンキーを光って表示LEDの表示でしっかりと見える
タッチパッド右上のボタンでテンキー表示のオン・オフが可能

 本体サイズは約302×189×16.9mmで重さは1.09約kg。顔認証用の3D IRカメラも搭載している。

 「ZenBook 14」は14インチのディスプレーを搭載し、解像度は1920×1080ドット。CPUやグラフィックなどの構成は「ZenBook 13」と同じだ。本体サイズは約319×199×15.9mm、重さは約1.09g。スペックをはじめ重さも「ZenBook 13」と変わらないので、より大きなディスプレーを使いたいユーザーにピッタリ。

14インチディスプレーの「ZenBook 14」

 「ZenBook 15」15.6インチのディスプレーを搭載。解像度は1920×1080ドットのフルHDモデルに加え、3820×2160ドットの4Kパネル採用モデルもラインナップ。本体サイズは約354×220×17.9mmで重さは約1.59kgから。テンキー付きのフルキーボードのため、タッチパッドのテンキー機能は搭載していない。

15.6インチディスプレーの「ZenBook 14」

 グラフィックは Intel UHD Graphics 620のほか、GeForceのGTX 1050(2GB/4GB GDDR5 VRAM)を搭載したMax-Qデザインモデルもあり、ゲームユーザーから動画や写真の編集などクリエイティブな作業を行なうユーザーにもピッタリだ。

15インチモデルにはMax-Qデザインもある

前へ 1 2 次へ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン