このページの本文へ

東日本大震災の復興支援活動として開催されるバスケットボール大会

「SoftBank 東北絆CUP」に参加するB.LEAGUEの選手が決定

2018年07月27日 18時50分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
大会に参加するアスリート:川村 卓也氏/大神 雄子氏/志村 雄彦氏

 ソフトバンクと公益社団法人ジャパン・プロフェッショナル・バスケットボールリーグは7月26日、「SoftBank 東北絆CUP」の大会に参加するB.LEAGUEの現役選手および元選手を発表した。

 SoftBank 東北絆CUPは、東日本大震災の復興支援活動として岩手県、宮城県、福島県の小中学生にスポーツや、吹奏楽などの文化活動の機会を提供する大会。初日は8月1日にバスケットボールの大会を開催する。

大会に参加するアスリート

 大会には「横浜ビー・コルセアーズ」の川村 卓也選手や「仙台89ERS」で昨年まで10シーズンにわたって活躍した志村 雄彦氏、WNBAで活躍した大神 雄子氏のほか、地元の「仙台89ERS」や「岩手ビッグブルズ」の選手らが参加。バスケットボール教室を通して子どもたちとの交流を行なう。

カテゴリートップへ

「スポーツビジネス」の詳細情報はこちら
  • Sports Marketing

    スポーツを活用するマーケティング戦略を追う

  • Sports Technology

    スポーツの世界を変えるテクノロジーたち

ピックアップ