このページの本文へ

ロードマップでわかる!当世プロセッサー事情 第468回

いまさら聞けないIT用語集 浮動小数点演算の単精度と倍精度って?

2018年07月23日 12時00分更新

文● 大原雄介(http://www.yusuke-ohara.com/) 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

基本となる単精度浮動小数点演算
2進数を10進数に変換すると誤差が生まれる

 まず基本であるBinary32の説明をしよう。いわゆる単精度浮動小数点演算と呼ばれているものに使われるのがこれだ。この内部フォーマットは下図のようになっている。

単精度浮動小数点演算の内部フォーマット

 「あれ、上の表と仮数のサイズが違う」といわれそうだが、上の表は仮数部に符号bitを含んだものになっている。つまり符号+23bitで合計24bitという表現である。

 さて、符号bitは0なら正、1なら負でこれはダイレクトだが、その先はやや複雑な仕組みである。まず指数部。00000000(0)の場合は数字そのものが0、もしくは非正規数(0ではないけど、限りなく0に近い小さな数字)を、11111111(255)の場合は無限大もしくはNaN(Not a Number:数字ではない)を意味する。

 普通の数字なら00000001(1)~11111110(254)までの範囲になるのだが、ここから127を引いて-126~127の値を表現する。つまり2-126~2127という範囲になる。

 一方仮数部。こちらは指数部が0でない場合、最上位に暗黙の“1”を立てる。すると仮数部は23bit分しかないにもかかわらず、実質的に24bit分になる。

 これが大きいのは、23bitでは10進相当で6.923桁分で、つまり有効数字が7桁にならない。ところが24bitにすると7.224桁分で、有効数字が7桁になるためである。よって仮数部の表現は頭に1がついており、これが"1."に相当する。下の例がわかりやすいだろう。

Binary32での演算
仮数部の表現 内部での扱い方
00000000000000000000000
10000000000000000000000
11000000000000000000000
11100000000000000000000
      :
11111111111111111111111
100000000000000000000000
110000000000000000000000
111000000000000000000000
111100000000000000000000
      :
111111111111111111111111
1.0
1.5
1.75
1.875
 :
1.99999988079071

 この「値」は2進数なので、1.0~1.999999...の範囲に収まる形になる。もちろんこれは内部表現であって、実際には10進数に内部で変換して出力することになる。

 Binary64/128/256は、単純に仮数部と指数部の桁が増える(結果、仮数部の有効数字が増え、また扱える値の範囲が広がる)し、逆にBinary16は桁が半分以下に落ちるので、有効数字・扱える値の範囲ともに狭まることになる。

 ちなみにDecimal32/64/128は、きちんと10進数の演算が必要な場合に利用される。Decimal32では以下のようになり、きちんと割り切れる数字ではない。

Decimal32での演算
仮数部の表現 内部での扱い方
00000000000000000000000
01000000000000000000000
00100000000000000000000
00010000000000000000000
00001000000000000000000
00000100000000000000000
00000010000000000000000
00000001000000000000000
00000000100000000000000
00000000010000000000000
00000000001000000000000
00000000000100000000000
00000000000010000000000
00000000000001000000000
00000000000000100000000
00000000000000010000000
00000000000000001000000
00000000000000000100000
00000000000000000010000
00000000000000000001000
00000000000000000000100
00000000000000000000010
00000000000000000000001
1.5
1.25
1.125
1.0625
1.03125
1.015625
1.0078125
1.00390625
1.001953125
1.0009765625
1.00048828125
1.000244140625
1.0001220703125
1.00006103515625
1.000030517578125
1.0000152587890625
1.00000762939453125
1.000003814697265125
1.0000019073486325625
1.00000095367431628125
1.000000476837153140625
1.0000002384185765703125
1.00000011920928828516625

 10進法なら1.1+0.1=1.2は当たり前だが、2進法ではこれが「1.1に限りなく近い値」+「0.1に限りなく近い値」という計算になるため、たまに1.2にならない場合がありえる(有効数字次第ではあるが)。

 実はこれにまつわる有名な話がある。米軍のパトリオット地対空ミサイルが、湾岸戦争のさなかの1991年2月、イラク軍のスカッドミサイルの迎撃に失敗するという事件があった。

 この原因は、パトリオットの制御に利用していたプログラムが、内部で24bitのカウンターを利用して時間を測定していたのだが、2進/10進の変換の誤差が蓄積した結果、タイミングが0.34秒ずれたことである。

 原因がわかったことで、現場での対処(煩雑にシステムを再起動して誤差の蓄積を解消)が可能になったが、根本的には2進数をベースにするとどうしても誤差を避けられないということで、こうした用途向けに10進数ベースの浮動小数点フォーマットも追加されることになった。

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン