このページの本文へ

CORSAIR「Obsidian 500D RGB SE」

LEDファンやコントローラー搭載のCORSAIR製ハイエンドケース

2018年06月30日 23時28分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 CORSAIRからRGB LEDファンを標準搭載するミドルタワーPCケース「Obsidian 500D RGB SE」(型番:CC-9011139-WW)が登場した。

RGB LEDファンを標準搭載するミドルタワーPCケース「Obsidian 500D RGB SE」

 今年3月に発売された「Obsidian 500D」をベースに、RGB LEDファン「LL120 RGB」×3基と統合ソフトウェア「iCUE」で制御可能なCommander PROコントローラーを標準搭載。それにともない、フロントパネルが強化ガラスに変更されたカスタムモデル。購入してすぐに、RGB LEDによる発光を楽しめる。

フロントと両サイドにスモーク強化ガラスパネルを搭載。ケース各所にホコリの侵入を防ぐダストフィルターを備える

 主なスペックは、ベイ数が2.5インチシャドウ×3、3.5インチシャドウ×2。冷却ファンはフロント120mm×3もしくは140mm×2(LL120 RGB×3搭載済み)、リア120mm×1、140mm×2もしくは120mm×2。ラジエーターはフロント360mm、リア120mm、トップ280mmまで。ビデオカードは長さ370mm、CPUクーラーは高さ170mmまで搭載可能。

「LL120 RGB」×3基とCommander PROコントローラーを購入した場合、約1万2000円かかることを考えるとお買い得なモデル。フロントにはUSB 3.1 Type-Cポートを搭載済み

 サイズは237(W)×507(D)×500(H)mm、重量は11.75kg。価格は4万円(税抜)。ツクモパソコン本店とTSUKUMO eX.で販売中だ。

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中