このページの本文へ

SteelSeries「Rival 110 White」、「Rival 110 Slate Grey」

SteelSeriesの人気ゲーミングマウス「Rival 110」にカラバリが追加

2018年06月28日 23時27分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 SteelSeriesのオリジナルセンサーを採用したゲーミングマウス「Rival 110」に、カラーバリエーションモデル「Rival 110 White」と「Rival 110 Slate Grey」が発売された。

SteelSeriesのオリジナルセンサーを採用したゲーミングマウス「Rival 110」

 「Rival 110」は2017年10月に発売された、エントリークラスの右手専用ゲーミングマウス。PixArt社と共同開発したオリジナルセンサー「TrueMove1」を搭載し、実際のマウス移動量とマウスカーソルの移動量がまったく同じになるトゥルー1to1トラッキングを実現する。

 登場したのはすでに発売済みのブラックに続く、ホワイトとグレーの2モデル。このうちグレーは「初回に国内代理店に入荷した分で終了」という限定版になる。

カラーバリエーションモデル「Rival 110 White」と「Rival 110 Slate Grey」

 基本スペックは変わらず。解像度は200~7200CPIを100CPI刻みで設定可能。最大トラッキング速度240IPS、最大加速度30(G)、ポーリングレート1ms。総ボタン数6で、サイズは120.6(D)×68(W)×38.12(H)mm、重量87.5g、ケーブル長2m。設定ソフトウェア「SteelSeries Engine3」による、センサーやボタン、イルミネーションのカスタムもできる。

形状やスペック、裏面のソールの配置もそのまま。ただし手触りはマット調(ブラック)からややザラリとしたフィーリングになっている

 価格は5443円。パソコンショップアーク、ツクモパソコン本店、ツクモDOS/Vパソコン館、TSUKUMO eX.で販売中だ。

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中