このページの本文へ

SteelSeries「Rival 110」

マウスの移動量とカーソルの移動量がまったく同じになるゲーミングマウス

2017年10月26日 23時25分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 SteelSeriesから、オリジナルセンサーを採用したゲーミングマウス「Rival 110」が発売された。価格5745円のエントリークラスの右手専用モデルだ。

オリジナルセンサーを採用したSteelSeriesのゲーミングマウス「Rival 110」

 「Rival 110」は「Rival 100」の後継モデルとなるゲーミングマウス。PixArt社と共同開発したオリジナルセンサー「TrueMove1」により、実際のマウス移動量とマウスカーソルの移動量がまったく同じになるトゥルー1to1トラッキングを可能にしたのが特徴。

センサーやボタン、イルミネーションのカスタムもサポート

 解像度は200~7200CPIを100CPI刻みで設定可能。最大トラッキング速度240IPS、最大加速度30(G)、ポーリングレート1ms。総ボタン数6で、サイズは120.6(D)×68(W)×38.12(H)mm、重量87.5g、ケーブル長2m。設定ソフトウェア「SteelSeries Engine3」による、センサーやボタン、イルミネーションのカスタムもできる。

実際のマウス移動量とマウスカーソルの移動量がまったく同じになるトゥルー1to1トラッキングを可能にした

 販売しているのはパソコンショップアークやツクモパソコン本店、ツクモDOS/Vパソコン館、TSUKUMO eX.。

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中