このページの本文へ

GT参戦10周年! 3度目の正直で2連覇を目指す! 第3回

片側のタイヤを無交換で500kmを走りきったミクAMG! 第2戦富士は5位

2018年05月18日 17時00分更新

文● スピーディー末岡/ASCII.jp 撮影●鉄谷康博、加藤智充

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

関係者インタビュー

安藝貴範 代表

 今回は結構攻めたので、やれることをやりきった感があります。タイヤも最後の最後はつらかったようですが、よく片側だけの交換で持ってくれたなと。そのおかげで予定通りの作戦ができたと思います。しかし、ほかのタイヤメーカーに圧倒されましたね。55号車や11号車など、富士にマッチしているGT3車両の強さがかなり目立ってました。最後の最後で同じマシンの65号車に抜かれたのは悔しいです。抜かれたくなかったんですけど、こちらはセクター3がかなり厳しくて。今年は本当に苦しい戦いになりそうなので、早めに打開策を見つけたいですね。


片山右京 監督

 予選一発はそこそこ出せたんですが、決勝はどうもうまくいきませんでした。リザルトがすべてですが、作戦は間違ってなかったし、マシンの状態も悪くなかったと思います。それでもいいときは必ず来ると思いますし、まだ2戦が終わった状態ですからね。先は長いです。今後に向けていろいろ考えたり、みんなでできることをやらないといけませんね。


谷口信輝 選手

 今回は5位という結果でしたが、我々としてはベストリザルトだったと思います。速さは上のマシンにはまったく及ばず、現状の力不足を痛感させられました。ただ、ヨコハマ勢の中ではトップですし、作戦はちゃんと遂行できたかなと。もっとヨコハマさんと力を合わせて良いタイヤを開発して、ライバルたちに逆襲しないとマズイですね。次戦鈴鹿も頑張ります!


片岡龍也 選手

 結果を見ると、タイヤメーカー競争に敗れた感じですね。クルマのバランスも悪くなく、できることはすべてやりました。作戦的にも持てる力のベストの内容だったと思います。実際ヨコハマ勢ではトップですし。レース中盤から後半にかけてのラップペースがコンマ5秒~1秒負けていたので、課題はたくさんあります。最後、GT500との絡みもあって、65号車が抑えられなかったのは、メルセデス対決として悔しい結果です。ベストは尽くしたけど、ちょっと力不足だったということでしょうね。

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ