このページの本文へ

連休中に見たいおすすめNetflix独占配信作品5選

2018年05月04日 12時00分更新

文● まぶかはっと/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 みなさんゴールデンウィークはいかがお過ごしでしょうか。筆者は基本的にインドア派で、休日は映画や読書、ゲーム、そしてなにより寝ることが好きです。休日のほとんどを寝ることに費やしてしまう時もしばしばあるのですが、ここ最近、寝る時間を削るほどハマっているのが、「Netflix」独占配信の映像作品です。

 Netflixは月額702円~1566円の動画配信サイトで、映画や海外ドラマ、アニメなどを視聴できるサービスを展開しています。ほかにも、「Hulu」や「Amazon Prime Video」、「dTV」などさまざまな動画配信サービスはありますが、Netflixには会員でなければ見られない、独占配信作品というものがあります。

 ほかの動画配信サイトでも独占配信作品を用意しているところはあるのですが、Netflixはかなり力を入れており、オリジナル作品は500以上あります。個人的に好きなものも多かったように感じましたので、今回は筆者が最近視聴したおすすめのNetflix独占配信作品を紹介します。

造幣局を乗っ取る頭脳派強盗集団
「ペーパー・ハウス」

 まず紹介したいのが、造幣局を乗っ取る強盗集団とそれに対抗する警察の闘争を描いた「ペーパー・ハウス」です。海外で製作された連続ドラマで、あらすじは「教授」と呼ばれる人が8人の犯罪者たちを集め、長年に渡って計画したスペインの造幣局を乗っ取るプランを実行。乗っ取りは成功するものの、強盗犯のミスにより緻密な計画にボロが出始め、造幣局に人質と立てこもる中、警察と強盗犯のどちらが勝つかわからないデッドヒートが幕を開けます。

 この作品は、強盗集団が教授の指示のもと「人に危害を加える」ことを固く禁じており、銃を乱射して戦うアクション系とは少し違います。犯人側の話をメインに進めつつ、警察側の人間にもスポットを当て、物語が進むごとに段々と一人ひとりのバックグラウンドが明らかになる、どちらかと言えばシリアスな話です。

未知の星で生き残るSFサバイバル作品
「ロスト・イン・スペース」

 「ロスト・イン・スペース」も海外で製作された連続ドラマシリーズ。環境悪化で地球にいられなくなった人類が宇宙船に乗り、ほかの星への移住を試みます。物語の中心となるロビンソン一家も移住を決意し宇宙に出るも、トラブルにより家族の乗った小型船は未知の星に不時着し、サバイバルが始まります。

 物語の中で少年が出会う知的生命体や、同じ星に落ちたほかの生存者たち、どんな生物がいるかわからない危険に満ちた星の冒険が物語を盛り上げます。はたしてロビンソン一家は生き残ることができるのか。SF作品が好きなあなたにおすすめです。

ヒットマンとボディガードの最強コンビ
「ヒットマンズ・ボディガード」

 「ヒットマンズ・ボディガード」は1990年台に公開された映画「ボディガード」のパロディで、コメディ色の強いアクション映画です。トップクラスの腕を持ったボディガード、マイケル・ブライスは重要人物の護衛に失敗し、仕事をクビになってしまう。2年後、彼は失敗を挽回するチャンスとして仕事を依頼されるが、過去に自分のことを何度も殺そうとしたヒットマンの護衛をするという仕事だった。相性が最悪の彼らは無事任務を終えることができるのか、というお話しです。

 笑えるシーンが多く、個人的には映画の各所に存在する、ボディガードとヒットマンの言い争いのシーンがアホらしくて好きでした。ストーリーもしっかりしており、見ごたえのある作品だと思います。

カンボジア内戦を生き抜いた少女の記録
「最初に父が殺された」

 「最初に父が殺された」はカンボジア内戦を経験した、ルオン・ウン氏の回想録「最初に父が殺された――あるカンボジア人少女の記憶」を元に製作されたドキュメンタリー映画です。ルオン氏がまだ幼い頃、反米派のクメール・ルージュがルオン氏一家の住むプノンペンに侵攻。一家はプノンペンを離れ、クメール・ルージュの運営する村へ行くことになったが、労働は過酷で配給の食糧は少なく、多くの人々が飢餓や病気で死んでく悲惨な村だった。一家はどうなってしまうのか、というあらすじです。

 映画の脚本にルオン氏を招いたり、英語ではなく現地の言語(クメール語)で収録したりと、できるだけ当時の様子に近い状況を再現しようとしていることが伝わります。BGMもほとんど使われておらず、物語は淡々と進んでいきます。いつ死んでしまってもおかしくない、過酷な世界に目が離せなくなる作品です。

裸で何度も結婚式場を目指す
「ネイキッド」

 「ネイキッド」は2017年にNetflixで公開されたコメディ映画です。結婚式前夜、主人公のロブ・アンダーソンは自分の結婚式の準備をすっぽかして友人とお酒を飲み、目が覚めると裸でホテルのエレベーターの中に横たわっていた。結婚式はすでに始まっており、なにもかもお終いと思った矢先、気づけばまた裸でエレベーターの中に。どうやら結婚式を成功させるまで、タイムリープが終わらないと気づいたロブは、あの手この手を尽くして結婚式を成功させようとする、という話です。

 毎回必死になって服を探すところから始まるのは、どうしても笑ってしまいますね。同じ時間を繰り返す作品はいくつか見たことがありましたが、その中でも一番笑わせられた作品だと思います。くだらないといえばくだらないですが、最近笑っていないと感じているあなたに一度見てほしい作品です。

 これらの作品はNetflixでしか視聴できず、テレビでの放送やDVDレンタルもありません。もしこの記事を読んで気になる作品がありましたら、試しに視聴してみてください。きっとハマります。もしまだ加入していないという人は、1ヵ月お試し期間もありますので、連休のこの機会に試してみてください。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ