このページの本文へ

Antec「KUHLER H2O K120」、「KUHLER H2O K240」

ポンプとラジエータを一体化! リーズナブルな水冷キットがAntecから

2018年04月21日 22時58分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Antecから、ポンプとラジエータを一体化した新設計採用のオールインワン水冷ユニット「KUHLER H2O K」シリーズが発売された。

ポンプとラジエータを一体化した新設計採用のオールインワン水冷ユニット「KUHLER H2O K」シリーズ

 「KUHLER H2O K」シリーズは、ポンプをラジエータと一体化することで、厚さ50mmの超薄型ヘッドを実現したのが特徴。ポンプをヘッドから遠ざけ、CPUヒートスプレッダに伝わるポンプの微振動を抑制。さらにヘッドの密着性を高めることでより強力に冷却するとしている。

搭載ファンは静音120mmブルーLEDタイプ。240mmモデルで税込1万780円とリーズナブルな価格設定も魅力だ

 なお、ラジエータと一体化されたポンプベアリングとシャフト部分には、軽量で耐摩耗性、耐熱性に優れるセラミック素材を採用。ポンプは、約5万時間のロングライフとなっている。

 搭載ファンは静音120mmブルーLEDタイプで、回転数900~1800rpmのPWMに対応。ラインナップはラジエーターサイズが120mmの「KUHLER H2O K120」と240mmの「KUHLER H2O K240」の2モデル。価格は前者が7000円、後者が1万780円とリーズナブルな価格設定も魅力だ。

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中