このページの本文へ

Thermaltake「Floe Riing RGB」「Floe Riing RGB 240 TT Premium Edition」、「Floe Riing RGB 280 TT Premium Edition」、「Floe Riing RGB 360 TT Premium Edition」

RGB LEDファンがきれいな水冷キットがThermaltakeから登場

2017年11月25日 23時32分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Thermaltakeから、RGB LEDファンがきれいに発光するオールインワン水冷キット「Floe Riing RGB」シリーズが発売中だ。ラインナップは240mmモデル「Floe Riing RGB 240 TT Premium Edition」、280mmモデル「Floe Riing RGB 280 TT Premium Edition」、360mmモデル「Floe Riing RGB 360 TT Premium Edition」の3モデル。

RGB LEDファンがきれいに発光するオールインワン水冷キット「Floe Riing RGB」シリーズ。ラジエーターサイズの違いで3モデルが販売中

 「Floe Riing RGB」シリーズは、冷却ファンにRiing Plus RGBファンを採用するほか、ウォーターブロックにもRGB LEDを搭載したオールインワン水冷キット。付属のコントローラーに接続して「Riing Plus RGB」ソフトウェアを使用することで、イルミネーションのカスタマイズはもちろん、ファンスピードのコントロールもできる。そのほか、Thermaltake関連デバイスとライティングエフェクトを同期させることも可能だ。

360mmモデル「Floe Riing RGB 360 TT Premium Edition」。3基の120mmファン「Riing Plus 12 RGBファン」が付属する

 ウォーターブロックは熱伝導率に優れる銅製ベースと高信頼性のポンプを内蔵。チューブはスリーブ仕様で、冷却液の自然蒸発を低減し耐久性も高いとしている。

 冷却ファンは、回転数500~1400rpm、風量14.2~42.34CFM、風圧0.1~1.54mmH2O、ノイズレベル19.8~24.7dBAの120mmタイプ「Riing Plus 12 RGBファン」。240mmモデルで2基、360mmモデルで3基。また280mmモデルには、回転数500~1400rpm、風量22.57~63.19CFM、風圧0.20~1.53mmH2O、ノイズレベル19.8~27.2dBAの140mmタイプ「Riing Plus 14 RGBファン」が2基付属する。

「iRGB Plus」シリーズ製品のライティングエフェクトを同期させることも可能。ケース全体を派手に光らせることもできる

 そのほか、対応ソケットはLGA 2066/2011-3/2011/1366/1156/1155/1151/1150、Socket AM4/AM3+/AM3/AM2+/AM2/FM2/FM1。

 価格は240mmモデルが1万9418円、280mmモデルが2万1578円、360mmモデルが2万6978円。パソコンショップアークとドスパラ秋葉原本店で販売中だ。

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中