このページの本文へ

ENERMAX「LIQFUSION」

RGB LEDがきれいに光るENERMAXの水冷ユニット

2018年06月29日 23時15分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ENERMAXから、アドレサブルRGB LEDファンを搭載したオールインワン水冷ユニット「LIQFUSION」が登場。フローインジケーターデザイン採用で、きれいに発光するのが特徴だ。

アドレサブルRGB LEDファンを搭載したオールインワン水冷ユニット「LIQFUSION」

 COMPUTEX TAIPEI 2018のENERMAXブースでも注目を集めていたオールインワン水冷ユニットが早くも発売。ラジエーターには、「T.B.RGB」シリーズに似たデザインの120mmRGB LEDファン(回転数500~2000rpm/風量23.81~102.17CFM/ノイズレベル14~28dBA)を2基搭載。さらにクーラントの量や循環の状態を目視できるフローインジケーターデザインのウォーターブロックを採用する。

「LIQFUSION」。マザーボード各社のRGB LED発光制御機能に対応するほか、付属のコントローラーでも制御できる

 2基の120mmRGB LEDファンとウォーターブロック部分は、ASUS「AURA Sync」、ASRock「RGB LED」、GIGABYTE「RGB Fusion」、MSI「Mystic Light Sync」といったマザーボード各社のRGB LED発光制御機能に対応。また、付属コントローラーにより、14のライティングエフェクトやカラー、スピードをコントロール可能だ。

ポンプユニットは、ラジエーターと水冷ヘッド間にある長さ400mmのチューブ上に搭載。さらにフローインジケーターデザインのウォーターブロックを採用する

 300WまでのTDPに対応するというポンプユニットは、ラジエーターと水冷ヘッド間にある長さ400mmのチューブ上に搭載。さらに「保証外」となるものの、水冷ヘッド部分からのクーラント液交換をサポート。製品には100ml分の補充用クーラント液が付属していた。

COMPUTEX TAIPEI 2018で展示されていたデモ機の様子

 価格は1万9230円。ドスパラ秋葉原本店、ツクモパソコン本店、ツクモDOS/Vパソコン館、TSUKUMO eX.で販売中。さらにサンプルの展示も実施中だ。

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中