このページの本文へ

ソーラーパネルと組み合わせたオフグリッドな外灯プロジェクト

日産自動車、日産リーフの使用済みバッテリーを福島県浪江町の外灯に設置

2018年03月22日 18時30分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

「THE REBORN LIGHT」

 福島県浪江町と日産自動車、フォーアールエナジー(4R)は3月22日、電気自動車「日産リーフ」の使用済バッテリーを再利用して製作した外灯を設置するプロジェクト「THE REBORN LIGHT」を発表した。

 日産と4Rの協力の元に日産リーフの中古バッテリーを再利用、ソーラーパネルの発電と中古バッテリーを組み合わせることで電線やコンセントを必要としないオフグリッドで点灯する外灯を製作。東日本大震災からの復興に向けて新しいインフラを必要とする浪江町に設置する。

「THE REBORN LIGHT」

 3月26日に福島県浪江町に開所する4Rのバッテリー再生工場において試作機を試験点灯。浪江町では外灯を必要とする町内各所に設置する。その後、順次設置箇所を拡大する予定。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン