このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

年末にはじまる4K・8K放送の基礎知識 第2回

4K・8K放送を見るためにどれだけの機器を買い替ないとダメ?

2018年02月18日 12時00分更新

文● 鳥居一豊、編集●ハシモト/ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 今年の12月1日からスタートする4K・8K放送。2011年の地デジ化からおよそ7年が経過し、薄型テレビの買い換え需要も増えている現在、4Kテレビへのグレードアップを検討している人も少なくないだろう。

 そんな人にとって、BS/110度CS放送で開始される4K・8K放送は気になるはず。

 4K・8K放送特集の第2回は「機材編」。4K・8K放送を視聴するために必要な機材について、詳しく解説していこう。

現行の4Kテレビで4K・8K放送を見るなら
対応チューナーを追加する必要がある

シャープの8Kテレビ、LC-70X500。こちらも4K・8K放送のためのチューナーは内蔵しておらず、対応するチューナーを組み合わせる必要がある

シャープの8Kテレビ、LC-70X500。こちらも4K・8K放送のためのチューナーは内蔵しておらず、対応するチューナーを組み合わせる必要がある

 まず知っておきたいことは薄型テレビについて。現時点では4K・8K放送のための受信用チューナーが未登場で、現行の4Kテレビなどでは新規に4K・8K放送用チューナーを追加する必要がある。

 いずれは対応チューナーを内蔵した4Kテレビなども登場すると思われるので、4K・8K放送が本命という人はそうしたチューナー内蔵の4Kテレビの発売を待った方がいい。遅くとも年末までは各社から発売されるはずだ。

デルの8Kモニター「UP3218K」。90度回転もできちゃう

デルの8Kモニター「UP3218K」。90度回転もできちゃう

 なお、8K放送を8K解像度で見たいなら、当然4Kテレビではなく8Kテレビを買う必要がある。現在シャープの70V型8Kテレビ「LC-70X500」が約100万円という価格だが、PC用ディスプレーに目を向けると、デルの31.5インチ8Kモニター「UP3218K」が約50万円という価格。UP3218KはHDMI入力がないのでそのまま対応できるとは思えないが、やや小さい画面サイズの低価格なテレビ、というのは期待できるかもしれない。

現行の4Kテレビでは4K・8K放送に完全対応できないモデルがある

2016年に発売された東芝「レグザ Z700X」。4Kフラッグシップモデルだったが4K・8K放送に完全対応できない

2016年に発売された東芝「レグザ Z700X」。4Kフラッグシップモデルだったが4K・8K放送に完全対応できない

 では、現在4Kテレビを持っている人はどうすればいいのか。今後発売されるであろう4K・8K放送用チューナーを用意すれば、過去のモデルも含めて多くの4Kテレビで4K・8K放送の視聴が可能になる。ただし、完全対応ができるかどうかは、4Kテレビによって異なってくる。

 4K・8K放送の特徴は

  1. 4Kあるいは8Kの高解像度
  2. BT.2020の広色域
  3. HDR(ハイダイナミックレンジ)

 の3つだが、(1)や(2)については、よほど初期(2012年あたりに発売)の4Kテレビでない限りは対応する。

 問題は(3)のHDRへの対応だ。ここ最近の4KテレビならばほとんどがHDR信号への対応をうたっている(激安の4KテレビではHDRに非対応のモデルもあるので注意)。

 しかし、この「HDR」は基本的にUHD Blu-rayなどが採用した「HDR10」と呼ばれる方式のことを指している。

 一方、4K・8K放送で採用されるのは、「HLG」(ハイブリッド・ログ・ガンマ)と呼ばれる別の方式。このHLG方式の信号をHDMI入力で受け取れる機種となると、ほとんどが2017年以降発売のモデル(全機種ではない)となる。

パナソニックやソニーのデジタルカメラではHLG方式のHDRで動画を記録できる。このため、対応テレビが多い

パナソニックやソニーのデジタルカメラではHLG方式のHDRで動画を記録できる。このため、対応テレビが多い

 国内で4Kテレビを発売している各社ともアップデートによるHLG入力対応を済ませており、アップデート対応機種であれば4K・8K放送用チューナーを追加すれば完全対応できる。4Kテレビのアップデートによる対応状況は、各社のホームページなどを見て確認しよう。

 では、HLG方式に非対応の4Kテレビはどうなるか? HLG非対応なのでHDRの高輝度表示はできないが、HLG方式はHDRと従来の映像(SDR)との互換性があるので、HLG非対応でもSDRで放送の視聴はできる。

 4Kテレビなどの購入のタイミングや、HLGにも対応した4K・8K放送Readyと言える現行モデルの紹介は次回で行なうが、今4Kテレビを買う場合は、4K・8K放送への対応をよく確認しておくといいだろう。

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

週刊アスキー最新号

編集部のお勧め

ASCII倶楽部

ASCII.jp Focus

MITテクノロジーレビュー

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

不正商品にご注意ください!

アスキー・ビジネスセレクション

プレミアム実機レビュー

ピックアップ

電撃モバイルNEO バナー

デジタル用語辞典

ASCII.jp RSS2.0 配信中

今月のピックアップ動画