このページの本文へ

簡単設定で信頼性をアピール

さくらインターネット、JPRSドメイン認証型SSLサーバー証明書を提供開始

2018年01月30日 16時00分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
ドメイン認証型のSSLサーバー証明書申し込みページ

 さくらインターネットは1月30日、「さくらのSSL」の新商品としてJPRSドメイン認証型SSLサーバー証明書を提供開始した。

 日本レジストリサービス(JPRS)のドメイン認証型SSL証明書で、SSL証明書の申請者がSSL証明書に記載されているドメイン名の登録者または管理者であることを証明するもの。

 さくらのレンタルサーバ/マネージドサーバで独自ドメインを利用中であれば、法人個人問わずコントロールパネルから簡単に最短即日の発行・設定が可能。信頼性の高さを訪問者にアピールできるようにウェブサイトにサイトシールを掲載可能(SSL証明書の詳細情報は日本語と英語に対応)。料金は有効期間1年で900円、2年で1700円(いずれも税抜き)。

カテゴリートップへ

灯油タンクで残量検知を実現!北海道の生活を守るIoTとは【熱量IoT】#3

動画一覧はこちら!