このページの本文へ

10mmドライバーとデュアルチャンバーにより広い音域と迫力ある重低音再生が可能

上海問屋、ハイレゾと3Dサウンドを楽しめるイヤフォンを発売

2018年01月19日 18時00分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 上海問屋は1月19日、ハイレゾと3Dサウンドを楽しめる「ハイレゾ対応 HDSS搭載 3Dイヤホン」を発売した。

 10mmの大型ダイナミックドライバーを搭載することでハイレゾの広い音域に対応、2つのチャンバーを装備するハウジングは低音域を増幅する。ユニットにはHDSS技術のコアとなるETLモジュールを搭載し、映画やVRアプリなどの立体音響で作られたコンテンツではリアルな3D音響を体験できる。

接続プラグは3.5mm3極ミニプラグを採用

 引っ掛かりが少なくタッチノイズの影響を受けにくいTPU素材のケーブル(およそ1.25m)を装備。S/M/Lの3サイズのシリコンイヤーピースが付属。価格は4500円。

■関連サイト

カテゴリートップへ

関連サイト
ラインナップ
コンテンツ