このページの本文へ

低コストで飛躍的に音質を向上させられ普及が進むHDSS技術に対応

上海問屋、360度方向から音が聞こえるハイレゾ対応イヤフォン

2017年07月07日 18時00分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

「ハイレゾ対応 HDSS搭載3Dイヤホン(ダイナミックドライバ×ETLモジュール)」

 上海問屋は7月7日、HDSS技術を搭載して3Dサウンドを楽しめるハイレゾ対応イヤフォン「ハイレゾ対応 HDSS搭載3Dイヤホン」を発売した。

 ハイレゾ対応の9.2mmドライバーを搭載するほか、3D音響対応のコンテンツであれば360度方向からサウンドが聴こえるHDSS技術に対応したモジュールを装備。VRアプリやゲーム、ライブ映像などで立体音響を楽しめる。

豊富なイヤーピース、キャリングケースが付属

 ゲームやVRのほか、ハイレゾ対応なので普段の音楽鑑賞でも高音質を楽しめる。接続は3.5mmの3極ミニプラグ。3サイズのシリコンイヤーピースに加え、ダブルフランジシリコンイヤーピース(×1)、低反発ウレタンイヤーピース(×1)が付属。価格は4999円。

カテゴリートップへ

関連サイト
コンテンツ