このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

冬ボーナスで買い換えるベストスマホ 第1回

片手で操作できる最新コンパクトスマホ ベスト3

2017年12月13日 11時00分更新

文● 島徹 編集●南田ゴウ/ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

新たにワイヤレス充電に対応した超定番モデル
アップル「iPhone 8

 最新のiPhoneでもっともコンパクトなのが「iPhone 8」だ。現在ドコモ、au、ソフトバンク3社が取り扱っているほか、SIMフリー版も用意される。処理性能などは「iPhone X」や「iPhone 8 Plus」とほぼ同じだが、リアのダブルレンズカメラを搭載しておらず、画面サイズや解像度は4.7型(750×1334ドット)とiPhone 7から据え置かれる。

アップルの「iPhone 8」

 横幅は67.3mmと、今回で紹介する他の2端末より大きめ。ただし、厚さは7.3mmと最薄で、背面の素材が金属からガラスへの変更されたことで、片手持ちでも手から滑り落ちにくくなっている。とはいえ、女性や子どもでは片手だけでの操作は難しいかもしれない。

横幅67.3mm。3年前登場の「iPhone 6」のデザインを継承していることもあり、いまどきのコンパクトスマホと比べると横幅が広くやや握りづらい。男性ならギリギリ片手親指だけで操作できるかも

 「iPhone 8」は処理性能やカメラ画質が向上したほか、iPhone 7から引き続き防水性能やApple PayによるモバイルSuicaやiD、QUICPayなどのIC決済にも対応している。高性能を生かして、現在App Storeで増えつつある最新のAR対応アプリも快適に楽しめる。

新センサーの1200万画素カメラを搭載。画像処理も改善し画質が向上している

iOS 11からARKitを利用したARアプリが増えた。iPhone 8の処理性能ならほとんどのアプリが快適に動作する

 新機能としては、Qiによるワイヤレス充電や、周囲の照明の色合いに合わせて画面のホワイトバランスを見やすく調整する「TrueTone」を搭載。電球色の照明の飲食店でも、撮影した写真を元のイメージ通りに表示できる。

ワイヤレス充電の標準規格である「Qi」に対応。対応充電パッドの上に置くだけで充電できる

電球色の照明の下で、同じウェブサイトを開いてみた。画像左がTrue Tone対応のiPhone 8、右が従来のiPhone 7。iPhone 8は元の暖かみのある色だが、iPhone 7では青っぽく見えてしまう

 「iPhone 8」はコンパクトスマホと表現するにはやや大きめだが、男性ならギリギリ片手操作が可能な範囲。高速処理や高画質カメラに加えて、防水やIC決済など日本で人気の機能にもしっかり対応しし、機能面での欠点もほとんどない。不満があるとすれば、高性能なワリに画面解像度が750×1334ドットとやや低めなぐらいだ。

 今回紹介した3つのスマホは、片手で操作しやすいコンパクトさが最大の魅力。片手操作だけでなくズボンの前ポケットに入れやすい点も見逃せない。画面サイズの肥大化が続く現在のスマホトレンドに違和感をもつユーザーなら、この3つのスマホへの乗り換えを検討してみよう。


前へ 1 2 3 4 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン