このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

柳谷智宣がAdobe Acrobat DCを使い倒してみた 第36回

OCR処理で写っている文字を検索可能に

Adobe Scanアプリ(無料)で紙資料をお手軽にPDF化してみる

2017年11月29日 11時00分更新

文● 柳谷智宣

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

撮影済みの画像データを読み込んでPDF化してみる

 書類が目の前になくても、撮影済みのデータを読み込んでPDF化することも可能。さらにその際、「Adobe Sensei」機能が撮影済みの写真を解析し、紙の文書であろう写真だけをリストアップしてくれるのが賢い。そこから、PDFにしたいファイルを選ぶだけでいいのだ。

撮影画面左下のアイコンをタップすると、「写真から追加」画面が開く

時々、ワインのラベルなどが混じるが、解析精度は高い

写真を選択し、右上のチェックマークをタップする

写真に取り込めた。文書にするつもりがなく、適当に撮った写真でもなんとか形にしてくれる

もちろん、取り込んだ写真をPDFにする際も、検索可能にしてくれる

 スキャンしたPDFファイルには、日付を含んだファイル名が自動的に付けられる。もし、アプリの検索機能でファイルを探すことがあるなら、ファイル名を付け直してもいいだろう。ファイルを開いた画面丈夫にあるペンアイコンをタップすれば良い。ファイル名を付け直す際、日付を残しておくと後から探しやすいので覚えておこう。

ファイル名を変更しておく

キーワード検索で目当てのPDFファイルを見つけられる

 iOS11の新機能「ファイル」アプリにも対応している。「ファイル」アプリを開くと、「Adobe Scan」が追加されており、クラウドサービスを介して、自由にPDFファイルをやりとりできる。

iOS11の「ファイル」に対応した

■関連サイト

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

目からウロコのPDF使いこなし術【アクロバット連載100回記念放送】