このページの本文へ

寅年生まれ肉食ナベコの「なんでも食べてみる」 第369回

寿司も酒もつまみもラーメンも!平日に立ち寄るとオトク

寿司90円 ちょい飲みも安っ!! はま寿司飲みがサイコー過ぎる

2017年11月14日 17時45分更新

文● ナベコ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

■お寿司はバリエーション豊富 何を選ぶのも時分次第!

寿司を食べねば。

 ここからが本番です。寿司を食べますよ。ほろ酔いで寿司を選ぶという幸せな瞬間……。

きゃ~!! お寿司~~!! まばゆいです。

 適当に、寿司はこんな感じにしました。「四国・九州産 活〆ぶり」「ねぎとろ」「ローストビーフ」「サーモンアボカド」「いかてんガーリックマヨ」。これらはすべて、平日だったので一皿90円(+税)でした。通常価格は一皿100円(+税)なので平日だとオトク。

「四国・九州産 活〆ぶり」(平日90円+税)

 活〆ぶりは期間限定のフェアメニュー。脂が乗っていてくるしゅうないです。おいしういただきました。

「ねぎとろ」(平日90円+税)

 ねぎとろは、私にとって必ず選ぶネタのひとつです。マグロの旨みや甘味がたっぷりで、食べたあとには満足感しか残りません。

醤油が複数種使える!

 ちなみにねぎとろは、「九州甘口さしみ醤油」を使うとさらに甘味が増してとろっとろ感を味わえます。はま寿司ではおもしろいことに醤油が複数種類あって、スタンダードな「はま寿司特選だし醤油」の他、甘口さしみ醤油、「北海道日高昆布醤油」「濃口醤油」などを使えます。濃口醤油は東日本限定で、西日本では甘口醤油となるようです。

 正直、だし醤油と日高昆布醤油、濃口醤油の違いは、寿司などにかけてしまうとわかりづらいのですが、甘口さしみ醤油は甘さが段違いなので、雰囲気がかわります。えび、たこなどにも合いそうですよ。ぜひお試しあれ。

「ローストビーフ」(平日90円+税)

 ローストビーフ。はま寿司では肉系のネタも充実しているのですね。厚みがあるローストビーフで、肉の質感を堪能できました。

「サーモンアボカド」(平日90円+税)

 サーモンアボカド。女子受け間違いなしのネタです。「このネタ開発すれば女子が食べるだろう」という思惑(?)にまんまと乗ってしまっているいうと悔しさがありつつも、シャキシャキのオニオン、アボカドのまろやかさ、サーモンの脂のおいしさの三位一体はやはりスゴイです。うまっ! 考えた人は天才ですよ。

寿司の前に笑いが止まらない!!

■ジャンク寿司「いかてんガーリックマヨ」 シャリはもやはトッピング

「いかてんガーリックマヨ」(平日90円+税)

 いかてんガーリックマヨ。今日の寿司の中ではいちばんのガッツリ系。大胆にいかてんをシャリに乗せるということで、どういう味かと期待しながらいただきました。

 おおっ。カリカリ食感のいかてんのおいしさ!! ガーリックマヨの風味でとてもいい感じです。しゃりにネタが載っているのか、ネタのトッピングとしてシャリがあるのか、わからなくなってくるという境地。ですが、それがいい。

いかてんうまー。お酒うまーーー。

 いかてんガーリックマヨ。まじうまです。

カテゴリートップへ

この連載の記事
もぐもぐ動画配信中!
アスキーグルメ 最新連載・特集一覧