このページの本文へ

3Dオブジェクトを回転させるなど、3Dデザインでの使い勝手やAR/VR用途を想定

ワコム、3つ目のサイドスイッチを搭載する新「Wacom Pro Pen 3D」を発売

2017年11月07日 15時30分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「Wacom Pro Pen 3D」

 ワコムは11月7日、プロデザイナーやクリエイターの作品制作を支援する新機能搭載の筆圧対応デジタルペン「Wacom Pro Pen 3D」を発売した。

 工業デザインやゲーム、アニメーションやVR/AR、2D/3Dアートなどに携わるプロクリエイターからの要望が多かった3Dプログラム/アプリケーション操作に便利な3つ目のサイドスイッチを搭載している。追加サイドスイッチは、とくにPixologicのZBrush、AutodeskのMayaなどの3Dアプリケーションを使ったスカルプティングをする際のデザイン工程で操作の選択肢を広げ、より効率的な作業を可能にする。デフォルトで3Dアプリケーションで使いやすいオブジェクト回転操作が割り当てられており、キーボード操作なしに3D作品制作を仕上げることができる。

3つ目のサイドスイッチが搭載(上)、ペンケース(下)

 サイドスイッチの機能はワコムのドライバーの設定から好みのツールやコマンドのショートカットをカスタマイズ可能。また、アルミニウムの胴軸とやや細身になったグリップを採用し、デザインにもこだわっている。筆圧8192レベル対応で、2016年10月以降に発売した「Wacom MobileStudio Pro」、「Wacom Cintiq Pro」、「Wacom Intuos Pro」のペンタブレットで利用可能。同社直販価格は1万1880円。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン