このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

広大な作業環境で作業を効率化

“クリエイターの観察から生まれた製品” Cintiq Proに大型モデル

2018年02月27日 19時00分更新

文● 天野透/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

24インチモデル

 ワコムは2月27日、液晶ペンタブレット「Wacom Cintiq Pro 24」「Wacom Cintiq Pro 32」「Wacom Cintiq Pro Engine」を発表した。

大型Cintiq Proを一体型ワークステーション化

 従来は13型と16型の2モデルだったクリエイター向け液晶タブレット「Cintiq Pro」シリーズに、大型サイズの2モデルが追加。24型はペンモデルとペン&タッチモデル、32型はペン&タッチモデルを展開する。価格は24型ペンモデルが25万7040円(3月29日発売)、同ペン&タッチモデルが31万1040円(5月発売)。32型ペン&タッチモデルは年内発売予定で、価格は未定。

 4K解像度(3840×2140ドット)/Adobe RGBカバー率99%の色域/約10億7374万色の表示が可能なIPSディスプレーを採用。スクリーン面はAG(アンチグレア)処理での摩擦量を調節した。そのほかオプティカルボンディング技術採用により視差を低減させ、ペンは追従性向上により、付属の「Wacom Pro Pen 2」での書き味を従来機よりもさらに紙に近づけたという。映像入力はUSB Type-C/HDMI/DisplayPortの3系統を装備する。

32インチモデルは今年中に発売予定

Cintiq Proシリーズのラインアップ

筆者の13インチPCと比較(上:24インチ、下:32インチ)。広大な作業環境を自在にカスタマイズできる

 Wacom Cintiq Pro Engineは、Cintiq Proの背面にドッキングするクリエイティブ用途向けのプラグアンドプレイ方式モジュール型PC。Cintiq Proを一体型ワークステーションにすることで、ケーブル接続を減らすことができるという。

 グラフィックスにはPascal世代の「Quadro P3200」を採用し、3DモデリングやVR製作などにも対応。そのほか6GBのGDDR5グラフィックスメモリー、11ac対応の無線LANやBluetoothなどを搭載し、Core i5とXeonの2モデルが用意される。

 Xeopnモデルはメインメモリーが32GB、ストレージがPCIe Gen3 SSD 512GB、OSがWindows 10 Pro for Workstation。直販価格が39万7440円。Core i5モデルはメインメモリーが16GB、ストレージがPCIe Gen3 SSD 256GB、OSがWindows 10 Pro。直販価格が31万1040円。発売日はいずれも3月29日。

液タブを一体型ワークステーションに変えるWacom Cintiq Pro Engine。Xeon/Core i5の2モデル構成

このように背面にドッキングする。ディスプレーを別途用意すると単体での動作も可能だという

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン