このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

VOXのポータブルラジオは細部に楽器の神が宿る変態仕様だった

2017年10月14日 12時00分更新

文● 四本淑三

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ときどきおかしなモノを出してくるVOX(ヴォックス)から、ポータブルラジオ「AC30 Radio」が発売された。

 地震や台風のような自然災害に加え、最近は北からミサイルも盛んに飛んでくる。非常時の情報源としてラジオはあった方がいいにきまっているが、なぜいまさらVOXがラジオなのかと思えば、今年はVOX60周年。音楽体験の原点に戻ってラジオを聴こう! ということらしい。還暦おめでとう!

 と言いつつ、どうせノベルティーグッズ程度のものと軽く見ていたら、ワイドFM対応のラジオとしてしっかり使える上に、楽器をやっている人なら「あらっ?」と思うディテールがいくつもあるヘンなラジオだった。

 ただ普通にラジオとして買ったら、あたりまえの人は怒り始めるかもしれない。だから、まずVOXのフィロソフィーから入らなければならない。

VOX AC30 Radio。サウンドハウス価格は4665円

VOXと言えば「AC30」

 AC30 Radioの原型は「AC30」というギターアンプにある。VOXといえば、まず何を置いてもAC30だからだ。

 発売以降、シャドウズ、ビートルズ、そしてヤードバーズの世界三大ギタリスト全員が使い(ミケランジェロ・アントニオーニの映画『Blowup』では、演奏中の機材トラブルにいら立ったジェフ・ベックがギターでVOXのアンプを小突く演技が観られる。その際のアンプはどう見てもVOXなのだが、演者が小突く個体のみVOXのエンブレムが外されていたのは、制作側の何かの配慮だったのだろうか)、クイーンのブライアン・メイや、U2のジ・エッジも愛用している。

 要するにイギリスの革新的なバンドサウンドから、VOXを切り離して考えることはできない。アンプのほかにもジミヘンが使ったワウペダル、後にビザール呼ばわりされるギターやベースが有名だが、総じて言うなら、絶対的な性能よりも新奇性、スペックよりも出音のおもしろさ、メインストリームよりニッチで攻めるところが、ヘソの曲がったマニアから絶賛支持される所以である。当然ながら私も大好きだ。

 最近では輸入代理店でもある似たものメーカーのKORGパワーも加わり、新型真空管Nutubeを使った小型ヘッドアンプ「MVシリーズ」や、ギター直結小型ヘッドフォンアンプ「amPlug」、往年のオルガンを復刻したステージキーボードの「CONTINENTAL」など、高い技術とマニアックな目線でよそがやらないハイコストパフォーマンスの機材を量産し続けてくれてとてもありがたい。だが、時折シャレもかましてくる。

 例えばつい最近も、伝統のワウペダルの形をしたドアストッパーを真面目に発売した。おそらくそれに近いのが、今回のAC30 Radioのポジションと思われるが、ちゃんと電気が通って音が出る。

ワウ型ドアストッパー「DOORSTOPEDAL」1008円。2.5cmまでのドアの隙間に対応する実用的仕様で、カラバリは黒、青、赤の3色(画像は筆者の友人が社長室で実際に使用していたもの)

プラモっぽさがそれらしい

 AC30 Radioの外観はゴールドのエンブレム、モールに白いパイピングと、佇まいは完全にACシリーズだ。フロントグリルがダイアモンドクロスではないのは惜しいが、バッフルの前面はちゃんとしたクロス張り。

 大きさは幅170×8奥行き80×高さ128mm、重さは電池抜きで640g。手のひらサイズと言うにはちょっと大きいが、机の上に置いてじゃまにならない。私物のAC10C1と比べてみた。

 60周年記念という語感から想像される高級感はなく、はっきり言うとプラモデルっぽい。だが、VOXは楽器としては一流であっても、余計なお金をかけた高級品ではない。ミニチュアも慎ましさがそれらしいと思う。

 本体上部は、赤茶の操作パネルにカッパーの印字、そしてチキンヘッドノブでAC30っぽさを再現。運搬用のハンドルや放熱スリット、コーナーガードなどのディテールもよく再現されているので、プラカラーで着色するとさらにそれらしくなるのではないか。

 受信できる周波数は、FM 76.0~108.0MHz(0.1MHzステップ)、AM 520~1629kHz(9kHzステップ)。選局は上下(▲▼)ボタンで周波数を選ぶか、長押しでオートスキャンが使える。意外と多機能で、周波数表示のディスプレーを使って時刻表示やアラームも設定できる。

 右側面には各種端子類とパワースイッチ、そしてLEDインジケーターが付くが、このあたりはギターアンプらしく、上のパネルに持ってきて欲しかったかなあという気はする。

前へ 1 2 3 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン