このページの本文へ

これでわかった! スマホ撮影の極意第13回

iPhoneで撮る際は逆光と半逆光を意識するとそれっぽい写真になりやすい

2017年07月26日 10時00分更新

文● 林 佑樹(@necamax) 編集●南田ゴウ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ふだんはサッとこなしがちなスマホ撮影も、ちょっとの手間やコツで見違えるような仕上がりに! ライター・カメラマンさんの林 佑樹さんが、スマホ撮影の基本からコツ、便利な小技までご紹介します。

光線の向きを確認して逆光じゃ半逆光に
これだけでお手軽に印象深い写真に

 iPhoneで印象的な写真を撮りたい場合、意識しておくといいのが光線の向きだ。いくつかのお約束はあるが、お手軽かつ効果がわかりやすいものは逆光と半逆光。旅先での写真も太陽の位置を少し意識するだけでよく、かつ試していくと奥の深さもありとオススメだ。

 まずは逆光。iPhoneの場合は明るい部分が画像の大半を占めるケースが多いため、空などを撮影した場合は人や建物は真っ暗になる。キレイな夕焼けにアクセントとして人を入れるというのはよく見るが、お手軽に印象深い絵になる。

なんとなく撮ってもそれっぽくなる

 また、状況によっては下の写真のようにエッジを光らせてみるのもいい。木の葉などがやりやすく、うまく太陽光が隠れるようにするとキレイに決まりやすい。iPhone 7 Plusの場合は広角よりも望遠のほうがラクなので、構図を決めつつ変更するといいだろう。

逆光の状態。これはこれでアリだが、太陽にフォーカスがうっかり合うとカメラにダメージが入る可能性が高いのでオススメしない
少しズラして太陽を隠した状態。雰囲気アップ
被写界深度エフェクトを使用してみると、さらにイイ感じになる

 次に半逆光だ。これは屋外だけでなく、屋内撮影でもお手軽だ。真ん前に光源を置くのではなく、少し左右に動かした状態にすると質感が出やすく、かつ雰囲気もよくなるというもの。時間による太陽位置の変化でよく目にしているため、当たり前すぎて気がつかないものだが、観察し直してみると発見が多いハズ。

デスクライトであれこれと試してみよう
いまいちわからない場合は、影の伸び方に注目してみるのもいい

■関連サイト

著者紹介:林 佑樹

 ライター・カメラマン。ライター方面は、PCやスマホ、ゲーム、ソフトウェアなどを得意としつつ、液浸冷却も嗜む。カメラマンとしては、研究施設の撮影が大好きで、業務ではポートレートやTV番組のスチルなどが多い。
 使用機材はソニー「α7R II」。使用率が高いのはiPhoneのアウトカメラ。年2回、研究施設を撮影した写真集をコミケで領布している。コミックマーケット92は3日目東2T-15bツインテ(https://webcatalog-free.circle.ms/Circle/13300407)で、粒子加速器の写真集です。

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン