このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

3万円台からの格安モデルを紹介! この夏買いたいお買い得PC 第2回

10万円前後で買えるグラフィック性能強めなノートPCを選ぶ!

2017年07月19日 12時00分更新

文● 正田拓也

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

17.3型の大画面PCが7万円台で!
日本HP「hp17-x100」

日本HP「hp17-x100」

日本HP「hp17-x100」

ディスプレー背面。中央にロゴが入っている

ディスプレー背面。中央にロゴが入っている

 PCの超大手メーカーのひとつ、日本HPが投入した17.3型の大画面ノートPCが「hp17-x100」だ。最安なら7万円台(7月18日現在で7万9920円)で購入できる。

11.6型との比較。画面の大きさは一目瞭然

11.6型ノート(右)とのサイズ比較。画面の大きさは一目瞭然

 CPUにはCore i5-7200U、4GBメモリー、1TB HDDを搭載。ゲーミングPCと比べればスペックは弱いが、やはり17.3型(フルHD)のディスプレーは圧巻。持ち歩くのはつらいが、家や職場で使うPCとしてはよさそうだ。

SDメモリーカードスロットと光学ドライブを搭載

SDメモリーカードスロットと光学ドライブを搭載

USB 3.0にフルサイズのHDMI端子、そして有線LAN端子も備える

USB 3.0にフルサイズのHDMI端子、そして有線LAN端子も備える

 もう少しスペックが欲しいなら Core i7-7500Uに「AMD Radeon R7 M440」GPUを搭載するモデル(9万8820円~)を選ぶことも可能。

 最近、高性能GPUと言えばNVIDIAが多いが、GPUではAMDも根強い人気がある。Radeon R7はAdobe Photoshopなどで動作を確認しており、速い画像処理が期待できる。大画面と相まって画像編集系の作業では重宝しそうだ。

 
光学ドライブ内蔵。最近はあまり使わなくなったが、あれば便利

光学ドライブ内蔵。最近はあまり使わなくなったが、あれば便利

本機もバッテリーの脱着が可能だ

本機もバッテリーの脱着が可能だ

 それと、光学ドライブを内蔵している点も注目だ。光学メディアは以前と比べて使う機会は激減しているが、一家に一台くらいはないと困る場面もある。

 外付けを1台用意しておいて済ます方法があるが、内蔵できるならそのほうが便利だ。

 キーボードにはテンキーを装備しているが、フラットなのでテンキーとの境目があいまいなところが気になった。

 なお、同社は「HP 17」シリーズの新モデルを8月に発売予定で、これにより現行機種は市場からなくなる可能性がある。8月中ならまだ入手可能だと思われるが、現行モデルを買いたいなら急いだ方がいいだろう。

「hp17-x100(スペシャルキャンペーンモデル)」の主なスペック
CPU Core i5-7200U
メモリー 4GB
ストレージ 1TB HDD
ディスプレー(解像度) 17.3型(1920×1080ドット)
グラフィックス インテル HD グラフィックス 620
インターフェース HDMI、USB 3.0×2、USB 2.0、有線LAN、SDメモリーカードスロットなど
バッテリー駆動時間 約6時間
本体サイズ/重量(キーボード装着時) 幅417×奥行き280×高さ25mm/2.65kg

次回はCPUが速いお買い得PCを紹介

 今回紹介したメーカーは直販がメインであるが、一部家電量販店において展示と注文ができるコーナーを設けている。ウェブサイトで展示機情報も公開されているので、キーボードの並びや液晶画面など、現物を確認してオーダーすることも可能だ。

 さて、なんだかんだいってもCPUが遅ければ使い物にならない、という人も多いだろう。そこで次回はCPUが高速ながらもお買い得感のあるPCを紹介していく。

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン