このページの本文へ

3万円台からの格安モデルを紹介! この夏買いたいお買い得PC 第2回

10万円前後で買えるグラフィック性能強めなノートPCを選ぶ!

2017年07月19日 12時00分更新

文● 正田拓也

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

国内メーカーの14万円台ゲーミングノート
マウスコンピューター「NEXTGEAR-NOTE i5320」シリーズ

マウスコンピューター「NEXTGEAR-NOTE i5320」

マウスコンピューター「NEXTGEAR-NOTE i5320」

ディスプレー背面の赤いロゴマークは光る。ちょっと派手だ

ディスプレー背面の赤いロゴマークは光る。ちょっと派手だ

 国内メーカーのなかでもメジャーな存在となったマウスコンピューターからもゲーム用PCがリリースされている。特徴としては国内メーカーであることと、スペックの自由度が高いことだ。

 「NEXTGEAR-NOTE i5320GA1」は、15.6型液晶を搭載するゲーミングPCで、クアッドコアCPU「Core i7-7700HQ」を採用。

 GPUにはNVIDIA GeForce GTX 1050を搭載し、16GBメモリー、256GB SSD(M.2)、1TB HDDという仕様で直販価格は14万3424円(7月18日現在)だ。日本語キーボード、日本語のWindows 10を搭載している。

フルサイズのHDMIや有線LANに加え、Mini DisplayPortを2つ搭載する

フルサイズのHDMIや有線LANに加え、Mini DisplayPortを2つ搭載。映像出力が充実している

USB 3.0とUSB 2.0の端子を1つずつ装備する

USB 3.0とUSB 2.0の端子を1つずつ装備する

背面の排熱フィン

背面の排熱フィン。ゲーミングPCらしいデザインだ

キーボードのレイアウト

キーボードのレイアウト。テンキーの外側にさらにEnterキーがある

キーボードは白いバックライトを搭載する

キーボードは白いバックライトを搭載する

 ベースとなるモデルがいくつかあるものの、CPUやGPUの変更は基本的にできない。しかし、メモリーやストレージの変更は可能で、特にSSDは256GBから1TBまで、幅広く用意している。

 また、スペックによっては翌営業日出荷に対応するなど日本メーカーならではの納期の短さを持っている。予算や好みに合わせて変更が可能なのはありがたい。

バッテリーは脱着が可能だ

バッテリーは脱着が可能だ

 細かい点だが、バッテリーが着脱可能という点も見逃せない。マウスコンピューターの場合、バッテリーやACアダプターの購入はサポートに相談ということになるが、たとえば出先で長時間ゲームをプレイしたい場合、予備バッテリーを持っていき、途中でシャットダウンして交換することも可能だ。

「NEXTGEAR-NOTE i5320(i5320GA1)」の主なスペック
CPU Core i7-7700HQ
メモリー 16GB
ストレージ 256GB SSD+1TB HDD
ディスプレー(解像度) 15.6型(1920×1080ドット)
グラフィックス NVIDIA GeForce GTX 1050
インターフェース HDMI、Mini DisplayPort×2、USB Type-C×1、USB 3.0×2、USB 2.0×1、有線LAN、SDメモリーカードスロットなど
バッテリー駆動時間 約6時間
本体サイズ/重量(キーボード装着時) 幅378×奥行き267×高さ36mm/2.2kg

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン